ホーム >>  トラウト  >> ブランクスネクタイ
[photo] ブランクスネクタイ新登場

カスケットのボロンハンドル仕様ブランクで
以下のパックコンセプト(第三世代構想ブランク)は収納可能なブランクスソックスです。
このソックスはネクタイにもなるよう首から下げられるドローコード付属です。

アルセドクライマー
ACB50LS
ACB52MS-4(T)
ACB52LS-4(T)
ACB514MLS(T)

マークスパイダー
MSB483MLT

アウトバックビリーバー
OBB604MS(T)
OBB674MS(T)

全長:500mm(内寸有効長)
幅:100mm(内寸有効長)



【ご注意】
ネクタイでありません。
首にぶら下げて歩くときは十分にご注意ください。
万一怪我した場合やロッドの破損の際、当方は一切の責任も負いません。ご了承の上発注ください。
発注の際は上記を了承したものといたします。

新発売【UT.HOLSTER】(ユーティ・ホルスター)
UT.ホルスター受注ページ

これは小さな製品ですが、カスケットユーザーに新たな充実をもたらします。
それはつまり、帰路の安全そしてカメラ撮影、山菜採りなど、両手が空くことで様々な楽しみが手に入ります。

UTホルスターの意味は「Utility」つまり便利なホルスターという意味です。
主にカスケットが提案した一脚を活用したウエーディングスタッフやボロンハンドル、ベゼルグリップを留めることに使います。

*ボロンハンドルを留めるには挿すだけでなく固定するバンドが必要です。
*マンフロットの一脚を先にご購入の方はベルトストラップが活用できます。ストラップのみの販売はありません。


【新たな脱渓スタイル】
一脚を入れて歩いたり、ロッドの一時置きに使用しますが、
さらに脱渓(川を離れて、帰路に着くこと)する際、ブランク(マルチピース)をネクタイ型のロッド袋に入れ、ボロンハンドルを留め、両手を開けて帰路に着くことができます。
これはカスケットのボロンハンドル+上部ブランクのマルチピース(カスケットブランクの第三世代構想)があればこその発想です。
ハンドルから解放されたブランクの重量はわずか25g前後、首から下げてもそれほど負担はありません。体の中心部分にあることで歩くときにも邪魔にならない。しかしながら急傾斜を登る際は首を着かないよう十分にご注意ください。


カスケット

ブランクスネクタイ

ネクタイでありません。
首にぶら下げて歩くときは十分にご注意ください。
万一怪我した場合やロッドの破損の際、当方は一切の責任も負いません。ご了承の上発注ください。
発注の際は上記を了承したものといたします。

¥2,600+tax

キーワード

ネクタイでない, ロッドソックス, ソックスでもない, パックロッド