ホーム >>  トラウト  >> FLYWEIGHT ACCESS BOOT -VIBRAM-
[photo] 史上最高のビブラムとの呼び声が高い「Vibram Idrogrip Flex」を搭載。

FLYWEIGHT ACCESS BOOT -VIBRAM-
トレイルと川をつなぐ、スリムで高性能なウォーキング・マシン。フライウエイト・ブーツは、軽量ながら最高のアウトプット、容赦ないまでのグリップ、卓越の安定性と快適さをご提供します。

シムスだけが使用を許された Vibram Idrogrip Flex は最高のグリップを保証。
吸水せず軽量なメッシュアッパー。
摩擦が起きるエリアには補強用の TPU オーバーレイを溶着。
サポート力を備えながら軽量快適なウェビング・レーシングと専用ハードウエア。
クローズドセル・ネオプレンのフォーム材を使ったライニング。
プルオン・ループにより脱ぎ履きも簡単。


SIMMSの新作ブーツ「フライウェイト・アクセス」をいち早くフィールドで履いてきました。結論から言いますと、そのグリップ力は驚異的。そして恐ろしく軽い。ソールの純粋な性能を測るために、今回スタッドは全く打たずに遡行したのですが、むしろその必要性を感じないほどの性能でした。

地面の凹凸に合わせて自在に変形するそのソールは、言うなれば裸足の感覚に近い。ですから少しの凹凸があれば、それを包み込むように変形してグリップ。ビブラムが苦手とする濡れた流木の上も今回滑らずに歩くことが出来ました。かなり厳しく言えば、完全に真っ平で苔が生えているような水中の岩では、さすがにズズッと少し滑るような感覚がありましたが、これはスタッドを打つことで解消される程度だと思います。あらゆる場面に備えて万全を期す場合には、少量でもスタッドを打つことをお勧めします。

「フェルトに並んだ」とは少し大袈裟かもしれませんが、陸上、水中共にそれほどのグリップ力。僕の想像していた遥か上でした。ただ、極めて柔らかいソールなので、摩耗などの耐久性まで考慮すると、従来の「フライウェイト」もやはり極めて優れており、完璧なバランスであるのは間違いありません。

サイズ感は従来のフライウェイトより気持ち横幅が細い感じですが、着用して馴染むと、ほとんど変わらないと言ってもいいかもしれません。僕はこれまでと同じく「サイズ10」を選びました。(スニーカー26.5cm 足幅広め) 現在フライウェイトを履いていて、サイズがギリギリな方はワンサイズ上げても良いと思います。

ビブラムを試してみたいけど、どうなんだろう・・・。とご心配な方、騙されたと思って、私コーヘイを信じて是非お試しを!(ホントに騙されたらすみません。笑)自慢にはなりませんが、この運動神経が低い僕が言うので間違いないと思いますっ!


recommend

シムス

FLYWEIGHT ACCESS BOOT -VIBRAM-

¥32,000+tax

キーワード

SIMMS, ウェーディングブーツ, 渓流, トラウト, モンタナ