ホーム >>  ウエア  / フライ  / トラウト  >> GUIDE CLASSIC JACKET
[photo] カラー:CARBON

磨き上げられたSIMMS伝統のウェーディングジャケット。

■生地はゴアテックスの中でも最高峰の耐久性を誇る「プロシェル」の3レイヤー。
 厚過ぎず、薄過ぎない中厚で高い汎用性を持たせています。

■左右のフラップ式チェストポケット。
 右チェストポケットにはニッパーなどを下げる為のカールコード、右チェストポケットには自由に使えるアクセサリーループを装備。

■サイドのハンドウォーマーポケット。
 内側・手の甲側にはマイクロファイバーが張り巡らされており、冷えた手を温めてくれます。

■裾とフードにはフィット調整用ドローコードがあり、雨風の侵入を防ぎます。

■背面首元にはランディングネット用のDリング。

■二重構造であらゆる浸水を阻止するダブルカフ。

■胸元にはフライパッチ用のベルクロ。

Sサイズ(日本Mサイズ相当)
着丈:63cm
身幅:59cm
肩幅:49cm
袖丈:65cm


昨日ご紹介の「Flyweight Shell Jacket」とは双璧をなす伝統的なウェーディングジャケット「GUIDE CLASSIC JACKET」も新たに入荷。来期は最新の技術を盛り込んだ「フライウェイトシリーズ」と、SIMMSアーカイブからリバイバルされたような「クラシックシリーズ」の2シリーズが登場しています。

このガイドジャケットというアイテムは、進化しながら継続的に作られていますが、今作はその総まとめ的な一着になっていると感じます。まずルックス的な特徴ですが、立ちエリとフードが繋がっているクラシックな造り。(最近のジャケットはフードが収納できるよう、エリと別離した構造が主流です)あまり気にしない方も多いところですが、この形に熱狂的な支持者がいるのも事実。実は僕も形だけならコチラが好み。

ポケットは伝統的なフラップ付きの縦型で大容量です。加えてアクセサリー用のカールコードとループ。サイドはマイクロファイバー張りのハンドウォーマポケットを搭載しています。

袖口は信頼のダブルカフ。降りかかる雨には外袖が、リリース時に袖口から入る流水からはベルクロテープ付きの内袖が守ってくれます。

背面、首元にはランディングネット用のDリングと、フードは瞬時に調節可能なドローコード。全体的にはクラシックなデザインながら、細かい部分にはシムスが蓄積してきたテクノロジーがしっかり活かされています。

内側には嵩張らないよう圧着で作られたジッパーポケットが一つ。ちょうどスマートフォンが入るような大きさです。

生地はゴアテックスの中でも最高峰の耐久性を誇る「プロシェル」の3レイヤー。厚過ぎず、薄過ぎない中厚。墨黒の単色というのも無骨でシムスらしい。ウェーディングジャケットってこうだよね!という基本にして理想を詰め込んだ完成度の高い一枚です。・・・こ、これは欲しい(汗)


シムス

GUIDE CLASSIC JACKET

¥53,000+tax

キーワード

SIMMS, ウェーディングジャケット, ガイドジャケット, クラシック