ホーム >>  トラウト  / ソルトウォーター  / フライ  / Cマイル・アップ対象  >> ゲンズブールP3 ブラック
[photo] 定番のブラック

偏光サングラス「P-3 ゲンズブール」
名前の由来:P3とはプロテクトスリーの略で、
(1)背面光(サイドの雑光も含む)
(2)砂埃、黄砂
(3)吸血昆虫などの虫
以上の三つから目を守ると言う意味です。

さらに続く、「ゲンズブール」はフランスの芸術家・セルジュゲンズブールで、
醜男と呼ばれながらも類稀な魅力でブリジットバルドーやジェーンバーキンといった、
フランスの名だたる美人を恋させた羨ましい男にあやかって名付けました。
実際、ゲンズブールもラージフレームのサングラスを好んで着用していました。

フレームの特徴:6カーブ、ラージフレーム。眉毛のようにも見える上リムのブロウライン。
この効果は下がり眉毛も補正するプチ整形サングラスとでも言いましょうか。
随所でプチ整形補正の技が光ります。
丁寧にアイブロウを整える削ぎこみはサングラス自体が顔に埋まるようなフィット感も向上させています。

付属品:専用ボックスとオリジナルプリントされたメガネ拭きをセット。

【サイズ】
・レンズサイズ:63mm(6カーブ)
・鼻幅:17mm
・テンプル長:120mm
・帽子(頭)の大きさから56cm〜61cmの方までは問題なくフィットします。

【レンズカラー】
・フェザーグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、ハイコントラスト)
・フィールドグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、明るめ、実質、可視透過率は40%に感じる)
・シューターグリーン:偏光度99%以上、可視透過率37%(目に優しくやや黄色っぽいレンズ、ハイコントラスト)

【表面加工・ハーフミラーと撥水マルチコート】
見た目のオススメはハーフミラータイプです。目が透けて見えず格好良さがアップ。
しかし透過率は5%ほど下回り、背面光の写り込みも若干ミラーでいたします。
見易さ重視ならば通常設定である両面ハードマルチコート、撥水加工がオススメです。






【フレームカラー】

【ブラック】(こちら)
安定、定番のブラック。下がり眉毛で言えば補正ナンバーワン格好良くなる、最もオススメなカラーといえます。

【クリアグレー】(こちら)
グレイヘア(要するに白髪)にも似合いそうなクリアグレー。採光性もありつつ、よく見るとお洒落、顔に馴染んでクールな印象です。(こちら)

【デミ・レッドブラウン】(こちら)
お洒落メガネ代表フレーム、鼈甲柄レッドブラウン。個性的なのに外しすぎない、ミラーではなくクリア系の偏光サングラスでも持ちたいフレームです。(こちら)

【クリアブラウン】(こちら)
真クリア、白フレームよりも大人のお洒落、クリアブラウン。ワザありお洒落で採光性あり、女性にも掛けて欲しいリゾート感が漂います。

【おすすめ偏光レンズ三種】

オススメのレンズカラーはやはり明るめのコンベックス偏光レンズです。
コンベックスは福井県鯖江で開発された最新の偏光レンズです。明るいレンズなのに偏光度99%以上を確保。当然見やすい。そして様々な偏光レンズを使ってきた手島が他社と比較して強度・耐久性にも優れたレンズだと太鼓判を押します。


・フェザーグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、ハイコントラスト)
・フィールドグレイ:偏光度99%以上、可視透過率38%(色変化少なく、明るめ、実質、可視透過率は40%に感じる)
・シューターグリーン:偏光度99%以上、可視透過率37%(目に優しくやや黄色っぽいレンズ、ハイコントラスト)


そのほかのレンズカラーが希望の場合は上写真を参考にご検討下さい。





製作はメガネの産地、福井県鯖江で数々のブランドOEMも手掛ける老舗の「谷口眼鏡」さんで製作されます。


recommend

カスケット

ゲンズブールP3 ブラック

納期予定は2023年2月です。オーダー後のキャンセルはお断りいたします。

フェザーグレー+シルバーミラー

¥38,000+tax

(予約)

フェザーグレー+両面マルチコート

¥35,000+tax

(予約)

フィールドグレー+ブルーミラー

¥38,000+tax

(予約)

フィールドグレー+両面マルチコート

¥35,000+tax

(予約)

シューターグリーン+シルバーミラー

¥38,000+tax

(予約)

シューターグリーン両面マルチコート

¥35,000+tax

(予約)

TALEXレンズ仕様(レンズなし価格)*タレックス代金は別途加算

¥22,000+tax

(予約)

この商品は、代引き、銀行振込でのお支払いとなります。
また、同じカートに入っている他の商品も同様の扱いとなります。ご注意ください。

キーワード