ホーム >>  トラウト  >> メンテナンスオイル(銘木用)
[photo] オイルは変わりありませんが瓶をリニューアルしました。(約50ml)
リールシートは乾燥中に転がらないように気をつけてください。 薄く薄く、回数を重ねるのが深い艶を生むコツです。 オイルは変わりありませんが瓶をリニューアルしました。(約50ml)

銘木用のメンテナンスオイルです。
カスケットのランディングネットやベゼルグリップ、ボロンハンドルに使用されている銘木はすべてオイルフィニッシュ仕上げです。たとえ小傷がが入ってもサンディングで修復できることが特徴です。
木の杢目や瘤、あるいは全体の表面が乾いて、かさついてきたと感じたらオイルでメンテしてください。乾いたと感じる前からメンテをすることもオススメです。艶と深みが増していくことをしっかり実感でき、まるでウレタンフィニッシュのように光沢が増します。

【メンテナンスオイルのご使用方法】
【1】布ウエスに少量だけオイルを染み込ませます。手にオイルがつくのが嫌な方はゴム手袋を装着してください。

【2】オイルのついた布で、ほんの少し薄く薄く、全体的にのばしていきます。一度に塗りすぎは禁物です。

【3】全体に塗り広げたら、今度はオイルのついていない乾いたウエスでオイルを完全に拭き取ってください。
※塗った時間の5倍の時間を掛けるくらいのつもりで拭きあげて大丈夫です。乾燥してオイルが必要な所には十分に行き渡ります。

【4】1日掛けて完全に乾燥させたらメンテナンス完了です。繰り返すことで、深い艶が生まれ、美しい経年変化を楽しめます。

【表面に傷が入った場合】
【1】布ウエスにオイルを含ませ、傷部分に塗ります。

【2】耐水性のペーパーヤスリ(1000〜2000番以上)の表面にもオイルをつけて、研磨してください。
※深い傷は消えませんが、根気よく丁寧に行えば、細かい傷を消すことができます。

ご注意
メンテナンス後に、銘木表面にオイルが乗っているような状況は明らかに塗りすぎです。この状態で乾燥させるとホコリが吸着する上、完全に乾ききらなくなり、ベタベタした状態になってしまいます。


カスケット

メンテナンスオイル(銘木用)

40ml

¥900+tax

Sorry, This item ships to Japan only.
この商品は、日本国外への配送をご指定いただけません。
また、同じカートに入っている他の商品も同様の扱いとなります。ご注意ください。

キーワード

コンクルージョン, オイルメンテナンス, 銘木