ホーム >> てしまひろしのニュース>> 過去ニュースはこちらよくある質問集*ご質問の前にご覧ください。
ファルコン
【お知らせ】 当店は月〜金曜日は通販のみ対応、店頭販売は土曜日と祝日のみです。日曜定休。当ページ掲載の釣り場所の問い合わせはご遠慮ください。
NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧



17/04/28
休日
明日からゴールデンウイーク突入です。皆様はどんな休日を計画してありますか?
カスケットは以下の営業予定です。


4月29日(土):店頭営業日
4月30日(日):店休日
5月1日(月):通販のみの営業(アポイントのお客様のみご来店頂けます。)
5月2日(火):通販のみの営業(アポイントのお客様のみご来店頂けます。)
5月3日(水):店頭営業日
5月4日(木):店頭営業日

5月5日(金):店休日
5月6日(土):店休日
5月7日(日):店休日



店頭では早くも夏向けのアイテムも入荷しています。セレクトアパレルは以下の通り。
吟味重ねたセレクトアイテムです。やはり人気の高いものから完売していますのでお早めに!





17/04/27

通称、ゴマヒラ。つまりゴマサバのヒラマサバージョンです。最近居酒屋で教えてもらい、ハマって作っております。
先日は毎度お世話のクルーズでした。残念ながらオオマサは出せませんでしたが、小型はジギングでも数が出て、恒例の春らしい様相でしたよ。 特に春の玄界灘ヒラマサは小型プラグに分があることがあります。ヒットルアーはBF30、レッドペッパーKRUISE CUSTOM。そして、それに反比例してヒラマサのサイズが大きいこともあります。
ヒラマサヒラマサ
こんな時に重宝するのがカーペンターの"SC"ことスーパーコブラシリーズ。まさに小型プラグを駆使して大型のヒラマサやマグロを獲るのに最適なセッティングです。 本日は中でも人気が高いBLC84/25 R-power max "SC"が入荷。これはもう早い者勝ちですよ。

あぶり
皮をバーナーで炙って柚子胡椒、ダシ醤油とかけ醤油の合わせで頂くのも美味。春のいい時期からヒラマサ釣りを始めてみませんか!


カーペンター BLC84/25R-Power Max"SC" ¥64,000(税抜)
ティップとバットのパワー差が大きいスーパーコブラシリーズ。その中にあって最も小型ルアーを扱えるのが84/25"SC"です。ヒラマサ、ブリ、マグロ狙いに必ず1本は持っておきたいロッドです。
ティムコ レッドペッパーKRUISE CUSTOM ¥2,790(税別)
名作レッドペッパーに太軸のST66と強固なスプリットリングを装着できるようにカスタムチューンしたモデルです。ウッドよりも反応がいい時もあるのでこちらも春の玄界灘には必携です。

17/04/26
2017 New report Happy stream day : Csket AMB Eiji Koga
キャンプ
4月1、2と連休をもらえましたので、九州の秘境へテントを担いで釣行に行ってきました。


あまり釣り人が入るエリアではないので、超クリアウォーターですが反応もよく楽しい釣行になりました。

バックパックとアルセドクライマー

アルセドクライマーの携行性を生かせる釣行がやっとできました。
ロッド:アルセドクライマーACB52LS、ルアー:ハッスルトラッド、ネット:コンクルージョンSTREAM26

古賀様、トリプルC投稿ありがとうございます。九州といえども4月の山上はまだ寒いはずです。そこへ単独での沢泊釣行とは恐れ入りました!
僕はこの歳では無理かもしれないな〜(もとより怖がりで・・・苦笑)お店でお会いする度に逞しくなってありましたが、細い身体で寒さにも耐えるタフさも身につけられたとは、もう以前のバサーだった頃を思い出せません。さて、そんな険しい山道を抜けて行く釣りにアルセドクライマーの4本継ぎロッドはたいへん重宝なのです。ご覧の通り、バックパックからはみ出しません。これって思うよりもかなり快適優位ですよ、皆様も今夏にぜひお楽しみください!


17/04/25
2017 New report : Jackgaudi Master : Norio Nishiido
ジャックガウディJr
前略、
スーパーディスティニィ&ジャックガウディの釣をスタートしました。

ひとつの結果のあとは、あらたな始まり。
この釣の探求を楽しみたいと思う!

コンクルージョン・ビックトラウトには、少し魚が小さいけど、
尺一寸で入魂されたSDは次なる出会いを求めているだろね~!

敬具
ロッド:スーパーディスティニィSDB74MHS、ルアー:ジャックガウディJr、ネット:コンクルージョンBT Curve

西井戸様、トリプルCの投稿ありがとうございます。ネットが大きくて初めは小さく見えましたが、よくよく見ると鼻曲がり雄の立派なアマゴです。「よし、今度は写真映えするStream30を持っていこう!」っとなるとデッカイのが掛かって、あたふたさせてしまうかもしれませんね。
やはり西井戸様が狙うサイズに合わせ、ビッグトラウト背負ってレイクショアジギングをこれからも楽しんでください。

追記
湖においての近距離戦、渓流で使いやすいジャックガウディJr、シャクリも渓流ロッドでできるので最近になって人気が出てきました。
ところが、人気のシルバーがまさかの欠品。ゴールドもコパーもご覧の通り、釣れますよ!シルバーもちろん頑張って作っています!


17/04/24
BORON HANDLE "5ft Type""
ボロンハンドル
ボロンハンドルの5ftクラスを公開しました。今年の銘木も種類的にはずいぶん出揃っていますので、ぜひご検討ください。


水辺で遊ぶことの多い我々がなにかと役に立つのが防水バッグです。
これは薄手で軽量、気軽に使えます。

例えば渓流のベスト背面スペースにおにぎりやパンなど食材を入れて行く方も多いかと思いますが、このEXPEDの防水バッグはピッタリのサイズです。

フィルソンのベストにもご覧の通り。膨らませていれておけば転んだ時のエアバッグにもなりますよ。


ベストに一つ入れておけば万一の場合、バックパックにもなるショルダーがついていますので、
泳いで渓流を渡る際、簡易的な浮き袋にもなりそうだと画策しております。
お子様ようの防水バックパックにも、釣りにもなにかと使えそうなEXPEDのスプラッシュ15、おひとついかがですか!


17/04/22
げんげ
2017年カタログが届いたらぜひ見て頂きたいのが、竹内さんのサクラマス・ブレイクスルー。
内容もさることながら、このコラムで登場する「ゲンゲ」という食べ物、僕は知りませんでした。それが今回の遠征で初対面。

勝手に「ザンギ」的なものを想像していましたが、これはグロイ・・・
佐賀のワラスボと良い勝負・・・?味は・・・うっ旨いではないか!

知ることがある旅っていいですね。遠くても近くても発見のある週末が好きです。皆様も良い週末を!


17/04/21
2017 New report : Jackgaudi Master : Matsuhiro Hayakawa
雪の景色
今年は山にはよく雪が降った様子でした。この画像は今年の解禁早期から数回に渡って早川様より頂いていた投稿です。

スーパーディスティニィジャックガウディ
すっかりレイクショアジギングに開眼された早川様は雪の多い時期からジャックガウディで釣果を上げています。

スーパーディスティニィジャックガウディ
こちらは日を変えて、少し暖かくなってきた頃の釣果。河川のサクラマスも面白いのですが、湖の魚食性の高い陸封サクラマスをジャックガウディで釣るのは、もはや解禁早期の定番と言っていいと思います。

スーパーディスティニィジャックガウディ
そして川でもジャックガウディでイワナ。毎釣行でジャックガウディを駆使して出て来なかった魚を引きづり出すのにハマっているのだと話してくださいました。素早いフォール、強くアピールさせたと思うと消える、見破られにくいアクションが鍵です。
スーパーディスティニィジャックガウディ
そうして、陸封アマゴの48cm。50にあと少しでした。新調頂いたスーパーディスティニィが湖の岩の色ととてもマッチしていますね。

ジャックガウディ
レイクショアジギング、ジャックガウディをまだ経験されていない方はぜひ5月までに試してください。流れがある川が好きだという方も、この攻めるレイクショアジギングで湖の新たな魅力を発見できると思います。
早川様、たくさん投稿を頂いてありがとうございます。これからもジャックガウディマスター、よろしくお願いします。


カスケット ジャックガウディ各種 ¥650〜(税抜)
レイクショアジギングを開発したジグがジャックガウディです。初めはぎこちなくても、操作に慣れるときれいな左右ダート、ヒラヒラフォールが出来るようになり、湖でなくても河川ではこのアクションをボトムまで沈めずに使うスタイルが有効です。
カスケット スーパーディスティニィSDB74MHS ¥44,000(税抜)
湖でジャックガウディを操作するならば迷わずにこれです。手首が疲れる大きな力は必要ありません。今回の2017年カタログに操作方法を詳しく書いてみました。ぜひ参考頂ければ幸いです。始めるならば3〜6月がオススメです。

17/04/20

週末の本流、諦めかけたその時でした。
ドスッとスペイサイドに重みが乗って目の前の水中がギラギラと光り、大きく白い魚体がモワモワと浮上したかと思うと水面でそのままグシャグシャと水しぶきを巻き上げます。(ぐわ〜っと心の中で嫌がりました。)

瞬間、河原を散歩していた外国人のおじさんが僕に向かって「ブラボー、ヒュー!」と叫びます。

返事を返す余裕はもちろんなく、必死に最初の抵抗を押さえつけるのにあの手この手。
ようやく最初の猛攻を押えたころで、後ろで釣りをしていた竹内さんの名を大声で叫びました。

目の前で泳ぐ姿を見て「わお!ロクマルは超えてますね。」と冷静に言われても僕の顔は引きつっていたと思われ。
「まだ弱り切っていないと思います。」と話しながらもショックリーダーはティップの先端に入ってしまう。
ドラグを少し緩め、もう2、3度はラインを出し入れしようと思いながら、竹内さんも自身のサクラカーブを手に待ち構えてくれていました。しかし・・・・皆様の予想通り。。。人間を傍に見たサクラマスが再び本気の大暴れ。ラインが顔に巻き付いてリアフックにラインを拾ったのを竹内さんが確認するや否や、ポロっ・・・・

背後で外国人が「オーマイガ・・・!」(お、俺が言いたいよ!)


口の堅いところで咥えたのでしょうか、ファルコン90Fのボディには二箇の歯形だけを残して、掴みかけたサクラマスは水中に消えていきました。
さて、サクラマス用にクリアウッドの野木さんと開発したファルコン90Fは改良を重ねて今回、変則的な方法にて販売されます。試作モデルではすでに僕の遠征をフォローくださった竹内さんがファルコンで釣ってくれています。販売は写真の初期型の改良型で通称、902型と呼びますが、実は試作回数は007番です。様々な試行を重ねて飛び、動きとも満足のいくものが出来ました。


ロッド:Bulkyback BBB88XHS 、ルアー:ファルコンFLC90F(901型)、ネット:コンクルージョンSAKURA CURVE(トリプル C!)
また今回のカタログの中では竹内さんが最近のサクラマス狙いについて語ってくれており、この釣り方に特化させようと開発したのがファルコンFLC90Fです。ぜひカタログを読んで頂きながらこのミノーの使用を模索頂ければ幸いです。

今回の販売はたいへん申し訳ありませんが、これまで度々サクラマスの投稿をくださった方々に先行にて販売のご案内をさせて頂きます。
一般販売は数量で余裕が出ましたら販売させて頂くつもりです。 今年のサクラマスはこれからピークを迎えます。ぜひ皆様にもお試し頂ければ幸いです。


17/04/19


4 SEASON KNIT CAP」が入荷しました。
通常のコットンニットキャップは被り続けると緩んでくるものですが、このニットキャップは着用に応じて伸びる事を前提に、額部分にゴムを仕込んでフィット感を高めています。その被り心地は暑い夏、汗を止めるためにタオルを頭にぎゅっと巻いたような、そんな感じです。
最初は少しキツく感じる場合がございますが、着用して頂くと1日程で頭に馴染みます。早く馴染ませたい場合は手で少し伸ばして下さい。(乾燥機に掛けた場合は縦に縮む傾向がございますのでご注意下さい)

ご予約頂きました皆様には現在スタッフより順番にご連絡を差し上げておりますので、今しばらくお待ち下さい。


カスケット 4 SEASON KNIT CAP ¥3,200(税抜)
夏にも冬にも被れるオールシーズンなニットキャップがついに完成です。何度も洗っていますが色抜け、毛羽立ちは半年の使用ではまったく見られません。また洗って最初のサイズよりも縮むことはありません。 ただし、ガス式の乾燥機に掛けると縦糸が縮んでトンガリが少し短くなります。

17/04/18

先週末は遠征に出掛けておりました。そう、この時期と言えばサクラマス狙いです。詳しい模様はまた後ほど。
現在、企画中のミノーが仕上がる時にご報告いたします。

さて他にも様々な商品を今季も企画しています。もうじき届く予定のものが写真のこちら。
黒のABU2500CDLをご存知の方もブルーグレーのデラックスは初見でしょう。
アメリカ在住の Mrアンバサダーことサイモン氏に協力を頂いて実現するものです。
コレクション的にもこれは欲しい・・・!


17/04/17
カタログ
カタログの配布を本格的に開始します。長らくお待たせしました。発送はできるだけ速やかに行いますが、件数も多く、すべてを一度に終えることが出来ません。発送には二〜三日の幅がありますことをご了承ください。購入時のプレゼントサービスは継続ですが、カタログのみをご希望の方はこちらのページよりお申し込みください。
オーシャンプライヤー
軽量で堅牢、そして渓流用の極小リングも開くことができるフィッシャーマンのプライヤーが入荷。長らく欠品でしたが春頃に入ってきてよかったです。伸びの少ないPEラインによるビッグトラウト狙いにおいて、不意の破損を懸念してスナップを使用しない人も増えています。つまりソリッドリングとスプリットリングによる交換です。ジャックガウディを使う場合もスプリットリング交換を推奨していますのでこのプライヤーは一挙両得です。ぜひぜひトラウトの方はペルフェコラボのプライヤーケースもご検討ください。


17/04/15
サクラサク、2017 New Report : Casket Ambassadr_Kurihara
MP投稿
今季2匹目がMPでの釣果になりました。

ロッド:バルキーバックBBB88XHS
リール:カルコン201HG フルチューン
ライン:バリバス STA-S-spec 1号
リーダー:耐摩耗16lb
ネット:コンクルージョンMonster
ルアー:MPワカサギ

栗原様、今年もご投稿ありがとうございました。しかも、トリプルCの嬉しい釣果。精悍なサクラマスにしばし見惚れます。MP90の強いフラッシング・ローリングアクションに飛び出てくれたサクラマス。渓流だけでなく本流でもベイトタックル派が増えました。個人的にもトラウトには丸形のリールを合わせたくなるものです。なかなか進められていないのですが、5500Cシリーズのチューニングにも取りかかろうと考えています。
さ、春です、週末は出掛けますよ!


17/04/14
ウエーディングソックス
突然ですがウエーダーを履く時、あなたの靴下の素材は何ですか?
頓着なくコットンを選んでいたとしたら、ぜひ一度ウール製のソックスをお試しください。
保温というよりもクッション性や防臭、速乾などの機能面で秀でています。特にシムスのウエーダーはネオプレン部分が分厚くできているので他社製よりもやや結露しやすいですからコットンを選ぶと濡れているような感じがして不快です。ぜひ夏でもウエーダーの靴下はウールソックスをお選びください。

さて本日夕方、5ft用のボロンハンドルを公開します。トリガータイプも少し出来上がってきましたので、ぜひご検討ください。


17/04/13
クルーズ
先日は久々に玄界灘でKRUISEでした。猪谷さんはアイスホッケーのしすぎで肩を痛めてイテテと言いながら良型キャッチ!
ロッドはカスケット・ブガッティブルーBBJ60TJI(ベイト仕様)ルアーは聞くのを忘れましたが、たぶんダイワ・MMジグ80g

同級生の大木くんはジギング専門。大木ジャーク、今日も安定してますな。最近では君がいないとみんなの土産確保がままなりませんよ。いつもあざーっす!ロッドはカーペンター・PSC61MLRS。ルアーはスミス・CBマサムネ95g


宮崎から仕事と偽ってやってきた長浜さん。旅費を浮かせるために情け容赦なく友人も置いてきました。こんな悪い人に釣れるはずはないと思いましたが、これが釣るんです。クルーズに乗ればそんな人でも釣れるということにしておきましょう。ロッドはブガッティブルーBBJ60TLI。ルアーはスミス・CBマサムネ95g


ジギング組がバンバン釣るので、僕はトップで頑張っていたら、ついにボコンと出ました。でも、その前にチェイスしてきた奴が・・・。この後には強い北風がついて海が荒れ、昼過ぎには帰港。鳥も飛んできてこれからと言う時に残念でした。ロッドはカーペンター・BLC84/25SC。ルアーはティムコ・レッドペッパークルーズカスタム。この暖かさで海も川も一気に春めいてきましたよ。


17/04/13
ファルコン

【ファルコンFLC50Sの受付(二次製作分)締め切りのご案内】
新作ミノー、ファルコンFLC50S(二次製作分)の受付を本日13時に締め切らせて頂きます。ご予約頂きました分はこれから製作ですので楽しみにお待ちください。ありがとうございました。

17/04/12

渓流ベイトフィネスの提唱者、本山博之氏が推奨の「ゼロ垂らし」は渓流の精度キャスティングにおいて、たいへん理に適っていると思います。 マークスパイダーはベイトフィネスに特化対応させたブランクですが、この「ゼロ垂らし」も非常にしやすくできています。
低弾道でコントロールしやしい軌道を実現できるのでぜひお試しください。
ちなみに、本山プロはカスケットの防水ネオプレンソックスを2枚も愛用くださっており!(嬉)「白色ワセリンを使うと防水性能が上がるよ!」っと教えてくれました。ぜひ「ゼロ垂らし」も「ワセリン」もお試しあれ!
話が逸れましたが、本日ニーゴーシー公開しました。マークスパイダーも来週から予約の方へ納品開始です!お待たせしました。


ABU Ambassadeur 2500C(OLED & USED & TUNED)
古アブですが、当店の2500Cはオーバーホール、点検済み。さらにフレーム修正もすべて行っていますので、これからチューニングされる方も安心して購入ください。
CASKET マークスパイダー MSB55MT ¥41,000(税抜)
渓魚を襲う蜘蛛こと、マークスパイダー。スレッドデザインはお察しの通り、蜘蛛のお腹であります。思い通りの弾道で放つベイトキャスティングは楽しいですよ。リールはアブでなくてもどうぞ!

17/04/11
ファルコン

【ファルコンFLC50S完売御礼と再受付のご案内】
新作ミノー、ファルコンFLC50Sを本日より次回製作の受注を再開します。なお二次製作分はこれからの製作ですので詳細な納期は後日連絡となりますことをご了承ください。(もちろん今季に納品出来る数量の受付しかいたしません。)またファルコン以外の商品を同時にご注文なさった場合は、ファルコンの納品を待たずに別送(送料別)となりますこともご承知ください。何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

アブ2500C

時代を超えたマスターピース・リール。アンバサダー。
カスケットで整備、そしてチューニングした2500Cを気に入ってくださる方が多くて嬉しいです。
フレームはもちろん、微細な軸調整やギアのアタリを出したり、適正なグリスアップがスピニングと変わらないような入力で軽量のルアーが真っ直ぐに飛んでいきます。それはもう、昔のニーゴーシーを知っている方なら感動を覚えると思います。
ようやく数台のリールが仕上がってきました。Aさん、暇暇に作業頂いてご苦労様です。
明日の公開を予定しています。

17/04/10
ファルコンミノー
ようやく春らしいまとまった雨が降り始めました。たしかホタルはこの春のまとまった雨を契機に上陸、それから約40日後が今年のホタルの身頃時期になるとか。水も温み始め、いよいよ4月から渓流も本番ですね。
さて先週予告のファルコンの新作FLC50Sの販売を開始します。 今回も投稿の方にモノクロームカラーのプレゼント企画もしますので、どうぞ奮ってご参加ください!


CLEARWOOD x CASKET ファルコン FLC50S ¥4,305(税別)
非常に手間の掛かるオールセルロース仕上げ。製作者、野木氏の緻密で実直な作りが見えるミノーです。今回はカラーラインナップも増やして渓流用50mmを製作いたしました。クリアウッドとカスケットが作り上げるリアルハンドメイドの世界を体験ください。



17/04/08
ファルコン

昨秋にテストをしていたFLC50Sの初回分(少量)が入荷。週明けの月曜日から販売を開始します。時間は未定ですがベゼルグリップも月曜日に販売品を公開予定です。
さて新作のFLC50Sはファルコンが得意とするオフセットリップ、細身のボディで後方寄りに重心をとっているため、軽い力でよく飛び、よく動きます。 丁寧な作りはもちろん、オールセルロース仕上げでホイルの光り方が素晴らしい。ぜひ今季の渓流でご活用ください。
FLC50S:詳細はこちら
今日は雨が降ったり止んだりで読めませんね、、、(釣りに行きたい・・)皆様も良い週末を!

17/04/07
2017 New Report : Casket Ambassadr_Makoto Oomori

2017年4月1日(土)レイクトラウトの聖地『世界遺産 日光中禅寺湖』へ足を運びました。
さすが週末、523名のアングラーが訪れていたそうです。
外気温-3.9℃、雪舞う中、水に濡れたウェーダー、グローブは即凍結。真面目にドMな環境。
ジャックガウディ
ROD : Revolution RB72MHS、Lure : Jack gaudi 、Net : Conclusion Stream30 *Triple Casket tackle!!
本音では「釣れないヤバいかも」と内心思いつつ、いろいろ考えた結果「手前のブレイクを丁寧にソフトに」を頭に入れトライしました。
ジャックガウディをチョイス、ロストを覚悟でトライ、結果ブラウン2尾(58㎝、63㎝)ヒレピンレインボー52㎝の3尾をキャッチできました。
ジャックガウディ
(ちなみにジャック3個ロスト・・・)
レインボーは石の囲いから逃げ出し画像無しです。お許しください。 次回はきっとMP90にて素敵な出会いをお送り致します。

大森様、厳しい状況の中での釣果、たいへん素晴らしく、おめでとうございます。
そして我々も嬉しいトリプルCのワンショット。ありがとうございます。
やはり厳寒期にボトムをじっくり攻めるジャックガウディは強いと感じます。浮いた魚を探せない時はジャックガウディでレッツ、レイクショアジギング!ぜひ皆様もこの時期こそ挑戦ください!


17/04/06


2017ハーフパンツ


【2017 Half Pants】ハーフパンツ特集

ようやくハーフパンツを公開しました。先にも申し上げた通り、我々ウエーダー派はちょっとした移動にハーフパンツは不可欠なのであります。
キャンプや普段でも使えるハーフパンツですが、カスケットでは夏にウエットウエーディングでも使用できる素材をセレクト。当然夏のオフショアにもオススメです。現在は入荷したばかりで在庫もありますが、どれも年に一度の製作で、完売後は追加フォローが効かないものもばかりです。ご検討はお早めに!!


17/04/05
フックシャプナー
こちら(中央)は携帯できるフックシャプナーの試作品です。
フックシャープは重要なのは分かっていながら、ポケット奥に直し込むと面倒でやらない、そんな時に限って大物がジャンプ一発でバレ・・・。こうならないようにすぐに研げる場所におきたかった。と言うわけです。このフックシャープはダイヤモンドシャープナーに溝が掘ってあり格段に研ぎやすい。ルーカステイラーブランドで仕立てます、ご期待ください。
カーペンター
春マサを前に、カーペンターロッドBLC84/25カスタム、BLC84/22ファクトリーモデル、BLC83/30セミカスタムが入荷です。

こ、これは行きたい・・・・

17/04/03
シムスSIMMS
月曜日恒例の風景。シムスのウエーダーは耐久性も高く、透湿性能も高いので乾くのも速いのです。
さて、このTHULEの伸縮バーを使う干し方を気に入っているんですが、一度、バーの収納を忘れて車庫にぶつけたことがあるたいへん危険な干し方です。(苦笑)もちろんバーはひん曲がり、車庫のフレームも傷が付く、思い出すのも恐い早朝のいたましい事故でした。
皆様もお気をつけ下さい。今週はカタログも手が離れたのでHPの更新頑張ります!


17/04/01

早くもハーフパンツが入荷してきました。諸氏、まだ寒いと言うなかれ!
渓流での車移動はウエーダーだけさっと脱いで、ハーフパンツが便利であります。
Rokx、Wildthings ,Bambooshoot , Simmsの4社が入荷しましたので、来週中に公開予定です。
来週もまだ寒そうだけどハーフパンツを買う心構えをご準備ください!

風は冷たいですがいい天気です!皆様も良い週末を!


17/03/31
カタログ
写真はカタログの表紙、裏表紙。いよいよカタログが校了しました。構想、撮影、写真選出、原稿(依頼もあり)、レイアウト・・・もうこれ以上見たくない!と見たつもりですが、少し経つと「待てよ・・・」っと見てしまいます。この仕事、終わりがありません。(ふ〜)

掲載の写真は2011年から2016年までの大物や美しい写真を選ばせて頂きました。言わば、カスケットユーザーの発表会とも言うべきカタログです。しかし中には素敵な、凄い大物なのに、撮影が携帯電話のカメラだったり、よく見ると手ぶれやカメラのセンサーサイズが小さい上に高感度撮影だったりで解像度荒く、印刷に使えないものも数多くありました。(ウエブ上は可能なレベルもあります。)また選出に当たってはページ全体の配色なども気にして作りましたので、いい写真なのだけど隣と色や構図が近すぎて選考漏れしてしまうなど、様々な要因もあります。掲載されなかったとしてもウエブで使用させて頂く場合もありますので、投稿頂いた方にはご理解頂きますようお願いいたします。

カタログは来週より印刷→製本→梱包→配布は4月10日前後から開始されます。

明日(4月1日)より当店にて3,000円以上お買い上げの方には無料にて1冊差し上げます。(当面は後日のお届けとなります。)
またカタログのみ欲しい方には購入ボタンを作りまして¥800にてお分けする予定です。

もちろん、カタログ内に写真を掲載させて頂いた方、そして昨年に当HPで投稿が紹介されたお客様には無料にてお配りいたします。
カタログ発送には今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。


17/03/30

先日お会いしたお客様が、ルーカステイラーの左胸にある第三のポケットが携帯電話や車の鍵用であることをご存知なかった。そこで今一度ご説明。僕は相変わらず大事にパカパカのガラケーを使っているのですが、写真の場所がまさに携帯電話の定位置です。このポケットの内部にはストラップを引っ掛けるホルダーも付属しており、左右の胸ポケットよりも小さめに作られています。これは釣具他の小物を水辺で出し入れした際、携帯電話や車の鍵に手を触れないようにするためです。

薄く色が付いている部分が胸とお腹のメインのポケットで、可能な限り大きめに作っています。お腹の下のポケットには嵩張るものを収納し、(小型ミラーレスカメラを防水パックに包んでも収納が可能)胸のポケットはラインシステムやティペット、リーダーなど比較的、薄いものを収納するのがオススメです。元々グリーンを少し少なめに製作をしていたのですが、グリーンLが完売となりました。他のサイズやブラックも一桁の在庫になってきました。リピーターが多いのが嬉しいですね。軽くて洗濯にも強く、防水透湿性能も申し分無し。袖も長めにリニューアルして好評です。そしてこの価格¥33,000!我ながら良いモノを作ったなーっと満足しております。完売しましても当分作る予定はありませんので、お悩み中の方は早めにご決断くださいませ!


17/03/28
シムスブーツフェルトスタッズ

何度か書いていますが、もう一度。「フェルトブーツ・スタッズ
スタッズ(フェルトピン)は全部で20個入っています。一度にすべてを使う必要はないのですが、少しだけ残しておいてもピンが減る時は2〜3個じゃないのでまた20個入りを買わなければいけません。「え〜い、それなら全部打っちゃえ!」と僕はなります。
スタッズピンは岩への食い付きが良いのはもちろんですが、フェルト外周が丸くなって滑りやすくなることを遅らせることが出来ます。20個も使わずに節約するならば「2,4,7,9,12,14,17,19」ですかね。 絶対に打つべきなのは「1,5,6,10,11,15,16,20」 この8箇所は最も減るし、減り過ぎるとソールの交換が出来なくなるので、ぜひピンを打っておいてください。

またシムスのフェルトスタッズは専用のレンチが付属していません。当店にてブーツ購入時にスタッズ購入を申し付けください。一瞬ではありませんがすぐに取り付けいたします。また20個を使い切らずに節約希望の方もご遠慮せずに希望する番号を言って頂ければ必要な箇所だけ打って納品いたします。近日、上記の番号表はいつでも見られるように、スタッズページを作製します。


17/03/27
ジャックガウディ
あられ、雪もちらつく寒い週末でした。ジャックガウディで一発を狙いましたが、アタリは散発で30cmクラスがポツポツ(最終的には8本)
夕刻近くになって水面にワカサギが逃げ出すのを目撃。ジャックをボイルよりも遠くに投げて早巻きで場所にアジャスト、トウイッチ開始。表層で誘うとワラワラと銀色の魚体が3匹は浮いてきました。しかしこの場では喰わせきれず・・・。

そこへ春日どぼん会の本田会長が「ミノー投げたらぁ!」と叫ぶ。(ここ、重要らしい)
ボイルはすっかり静まっていましたが、言う通りに試作のファルコン90Fを沖に投げて、五投目でゴンと乗りました。しかもこの後、まさかの2本追加。これも本田会長の「投げたら」アドバイスのおかげです。(ここ、重要らしいです。)

このミノーは主に河川サクラマス用に開発しており、バルサで浮力を活かした派手なロールアクションを起こします。湖では遠投してゆっくりただ巻き、手前8mほどまで来たらトウイッチを掛けます。コツは足下までキッチリです!

ファルコン90mm、発売を楽しみにしていてください!

追記
ジャックガウディJrでもよく釣れているようで嬉しいです。しかしまさかのシーズンはじめに欠品。(読み甘く、申し訳ありません。)


17/03/25
シムス
次に買うのはビブラムかフェルトか?この悩みは数年前からよく聞かれています。まずはこちらのページもご覧頂いてスタッフまでご相談頂ければ幸いです。「SIMMSのウエーディングブーツについてあれこれ考えてみた」

シムスブーツのラインナップはこちら

本日は固定の話。固定方法に際しては靴紐(シューレース) タイプとボアレースの2種類があります。

僕の個人的な分け方は平坦で歩きやすい場面ではボアレース&ビブラムソール。山岳渓流の川歩きにはシューレース&フェルトソールで履き分けています。ボアレースは着脱が容易で、大した場所でなければ長靴よろしく緩めに履いて足の圧迫を押えつつ、少しハードな場所も行く時に固定が欲しくなったら簡単に締め上げて使っています。

シューレースタイプはシムスのブーツはフックの固定が一箇所一箇所がしっかりとしているので、足の甲まではゆったりと留めて足首から上は固定を強くするといった調整が利きます。足が内部で泳がないように最適に留めることが出来て安心です。ですからよりハードな渓流には気を引き締める意味でもフェルト&シューレースというわけです。 スタッドピンを購入時に希望頂ければオススメ位置で打ち込んでから納品しますのでお気軽に申し付けください。 遠征には替え紐もお忘れなく。 皆様も良い週末を!

17/03/23
ハーディ
ようやくこの英国のフライリール「HARDY」を紹介できる日が来て嬉しく思います。(ただいま康平がまとめております。)
長らくカスケットの英国チックな製品をご覧の方には当然とも思えるセレクトでしょう。こうしたフライタックルと並べても遜色のないシンプルなルアータックルのデザインを目指してきました。(写真は私物)


そして主に当店が取り扱いするフライブランドはグッと絞りました。
ロッドは「Scott」「HARDY」。リールは「Hatch」「HARDY」そしてバスフライ時代に起こしたオリジナルリール「Leading Edge」です。またオリジナルのフライロッドを作る予定は当分ありません。フライは完成品のみを取り扱います。

そして僕は変わらず渓流ルアーがメインです。ヒラマサもやめません、ルアーファンの方、安心してください。(笑)
スタッフの康平は当分フライがメインとなります。

ずっと以前、バスフライの時にも書きましたが、いつかは海外の鱒を釣ってみたい夢があります。海外の川は様々な規制も多く、フライ限定の場所もあります。こうした場所で「ノープレブレム !」と言って颯爽と釣りがしたい。だからフライのキャスト練習だけは続けていました。(IFFF公認の寺島先生、ありがとうございます。)
他にも昔からフライの先輩方にも恵まれた僕はこれから「ここぞ」という場所でフライを使っていきます。

さて、「ここぞ」という場所は何処なのか・・・?それはまた後日の話とさせてください。
ちなみに・・・ルアーでも大きな夢と目標があります。(地下進行中)人生やりたいことだらけです。


17/03/22

レッドペッパー・クルーズカスタムを補充しました。クルーズの赤間さんの要望で誕生したST66(1/0) 、カルティバ・ハイパーワイヤー #7をセットできる強化版レッドペッパーと言えます。そしてこれが最も必要になる季節がまさにこれからの春です。
小イカ、春のイワシ、どちらのパターンにもこの季節にピタリとハマります。ぜひ春の玄界灘に投じてみてください。


ほかにオススメなマッチザベイトなプラグです。カーペンターの30、45シリーズなど春のクルーズにお出掛けの際はお忘れなく。


TIMCO レッドペッパーKRUISE CUSTOM ¥2,790(税別)
なぜかウッドプラグで見切られる時にレッペが効くときがあります。その理由は・・・まずはお試しを!

17/03/21
ジャックガウディ
この連休もさすがに仕事ばかりは限界で、なんとか日曜日は脱出しました。(松添くん、スマン)
独り、好きな車駆って仕事場から徐々に離れるだけで、もはやSAに立ち寄って小便するだけでも楽しい。(笑)
音楽聞きながらの峠ドライブはさらに気分であります。やっぱり鱒釣りはそこへ行く過程も好きだ。

遅めに着いた湖でジャックガウディに35cmくらいがゴン!体高があっていい引きをしてくれる。
春はまだ深場にいますね。快く隣に入れてくださった方、ありがとうございました。
ジャックガウディ
その後サイズアップを狙うも30cmまでの小型ばかり。それでもジャックにコツコツと当たってくれると嬉しくて飽きません。
今日は春っぽい雨が降っています。とりあえず今週がカタログ仕事の山場です。
いい息抜きも出来たので一気に仕上げます。今週は新たな入荷が相次いでいますのでどうぞご注目ください。

17/03/18


写真:i-Phoneで送信
手抜きですみません。

カタログの原稿を書き上げて写真選定、レイアウトなど。いよいよ大詰めで95%は仕上がりました。
何度も休みの日も使ってデザイナーの松添さんと互いの自宅で作業をしています。
おかげで机の上は資料の山でこれから確認作業が待っています。早く机の上をスッキリさせたいのですが、
一旦片付けをすると置いていた資料がどこにあったのか、頭がぶっ飛んでしまいそうです。
というわけでニュースの更新にはここ数日、頭が切り替わらないという言い訳です。

これが終われば、、、春はしたいことだらけなのに・・・来週には終わらせてやるっ!
皆様も良い週末を!


17/03/16
シムスウエーダー
シムスのチェストハイウエーダー専用に開発していたネットホルダーが形状をリニューアルして復活予定です。
まずは新形状の初回試作が出来上がってきました。設計どおりに仕上がり、ほぼこの形状が最終デザインとなる見通しです。また、今回の留め具は真鍮製を使用でマグネットが不意な場所に付いてしまうことはありません。
このウエーダーにネットホルダーが付くシステムであればG3ガイドウエーダーなどの大型のチェストポケットを利用してベスト要らずな身軽な渓流スタイルが完成です。

さらに今年は、あの「振り出しロッド・シンプリー」がリニューアル復活する企画もあり。今年のシーズンも皆様に退屈はさせません!


17/03/15
Scott Present
スコット
ついにScottの取引が始まりました。あれはカスケットでバスフライを導入する以前でしたが、下のビデオクリップには大きく心を揺さぶられましたね。ソルトフライでしたが10年前、この短いクリップのDVDまで買ってしまい、今でも時々見ています。陽気で子供っぽいおっさんが魚釣って、いたずらして大喜びする動画です。


さて、その中で愛すべきキャラクターのフランクさんが被っているスコットのサンバイザー(少し形状が違う)を実は少し持っていました。今回ついに日の目を見ることに!もちろんすでに販売されていません。今回のスコット取り扱い記念にフライロッド購入の方へ先着で3名の方に僕からプレゼントします。

さ、バス用に作っていたフライリール。バッキングライン無しで7番のWFラインを巻いていましたが、新しい5番ラインを巻くとしますか!
カスケットが取り扱うフライラインナップ(リール、ライン、完成品フライなど)は順次公開していきます。

17/03/14
2017New Report : Casket ambassador |Satoshi Matsuura
ジャックガウディ
「そうだ、ジャックガウディマスターになろうっ!」 との事でちょうど仲間と休みが合いましたので、お揃いのルーカステイラーを羽織り行って参りました。 道中の路肩にはまだまだ雪が残っておりました。まずは仲間がジャックガウディにて釣り上げ、焦りを隠しつつ、待望のヒットに持ち込む事が出来たのですが、ランディング寸前で痛恨のバラし!! やってしまいました。逃した魚はデカかったです…トホホ(涙)
気を取り直して場所移動し何とか粘って31センチの鱒に出会いました。
今期初の魚でした。とても嬉しく思いながら、また大きくなっておいでと別れを惜しみつつお別れしてきました。
ジャックガウディ
松浦様、今年も始まりましたね。一匹目は惜しかったー。PEではよくある口切れフックアウト。手前まで寄せて、デカイと思ったらドラグをもう一段緩めて、ラインが出て行き過ぎたら指で押さえるくらいにすると口切れを押えることが出来ますよ。お仲間とルーカステイラーはお揃いの釣り、ありがとうございます。メタリックグリーンスレッドのスーパーディスティニィはカスタム仕様。これはお揃いになることはありませんね!今年も安全に楽しみましょうね、いつもありがとうございます。


17/03/13

今日は眼がチカチカしていますよ。最近、忙しい理由は「カタログ」製作と「フライ部発足」の準備もあります。
昨日も男スタッフ3人でフライのキャスティング講習会へ行って参りました。
僕としてはバスフライから6年ぶりのフライ復帰。ブラックバスではなかなかフライの普及が難しかった苦い思い出もあります。
しかし当店ではトラウトを愛するスタッフも揃い、いざ鱒を極めんと満を持して・・・?
いいや、鱒釣りをいつまでも愛せる、長〜い趣味にしようとゆっくりとスタートします。そう、極めるならば最後はエサ釣りになるかもしれませんよ。(笑)

2017年、カスケットなりの切り口でフライフィッシングの挑戦が始まります。フライ部門は主にスタッフの古和康平が担当します。今年で31歳になる彼はロマンチストのフライ初心者です。初めはチンプンカンプン。分からないことをゼロから学ぶってとても楽しい作業です。さあ、どのように展開していくかは今後のカスケットニュースをご注目ください。


17/03/11

週末、こうして鱒釣りに興じることができる人生は幸せです。
これからもずっと続くように僕らが変えていくこと、変えてはいけないものを正しく選択していきたい。
あれから3月11日は僕にとって色々なことを考える大切な日です。

皆様も良い週末を!


17/03/10
シムスカタログ
2017年のシムスカタログが入荷しました。 3000円以上お買い上げのお客様に無料にて1冊差し上げます。
たいへん恐縮ですがシムスカタログの部数が少ないので、カーペンターをはじめとしたソルト関連商品は対象外とさせて頂きます。ただし備考欄に「シムスカタログ希望」とお知らせ頂ければサービスいたしますので、何卒よろしくお願いします。

さて、僕はと言いますと(チラッと写しておいた)カスケットのカタログ製作の大詰めを迎えています。渓流も解禁したのに、なにをグズグズしてるんだか・・・(汗)


17/03/08
ABU 2500C2500C


今回のABU2500Cはオーバーホールとフレーム修正はすべてのモデルで行い、(1)チューニング済みモデル(2)整備点検のみモデル(3)チューニング&レストアしたモデルを販売いたします。それぞれのお好みに応じて、アブ2500Cによる渓流のクラシックベイトスタイルをお楽しみください。


17/03/07

空は青いが今日は寒い。風邪引いたり、老眼を嘆く同輩が増えました。黄砂と花粉とPMのトリプル攻撃でグシュグシュしてる人も多くなりました。春はなにかと大変ですが、僕が最も困るのは渓流も海も一気に忙しくなることです。さて春の小型ベイト対策決定版のカーペンターBLC84/25ファクトリーモデルが入荷。クルーズの赤間船長から悪魔のささやきも聞こえてきました。(落ち着いて川に行かせてくれ〜!)


17/03/06
Monster Producer 90mm・再受付分公開しました。

暖冬かと思いきや、意外と深山の渓はまだ冬の様相でした。温かい珈琲でカラダを暖めてスタートです。
やはり日曜日となると足跡ばかりの渓流で、ちょっと反応が鈍い。

しかも川の中はまだ冷たい様子でサビの残るヤマメが釣れます。ダブル掛けのテシストフックはやはり掛かりが良いですね。このフックも5月まで生産予定が埋まってしまいました。フックが小さい上に細かい作業行程で熟練の職人しか僕の規定を満たすものを作ることが出来ません。
針といえども数量を作ることができないのが難点です。

サビばかりと思っていたら良型で色艶の美しいヤマメが出ました。こういう若くて成長の早い個体が大きくなって秋に掛かってくれると良いですね。 ハッスルトラッドラインチューブを使うとトラブルがグッと減って使い易さが増します。

最後は春日どぼん会の本田会長がトラッドミノーで8寸ほどの蒼色ヤマメで締めました。同じ渓で様々な個性が垣間見えた早春の渓。僕の渓流釣りがスタートしました。さ、今週も頑張りますよ!


Monster Producer 90mm・再受付分公開しました。