ホーム >> てしまひろしのニュース>> 過去ニュースはこちらよくある質問集*ご質問の前にご覧ください。
【お知らせ】 当店は月〜金曜日は通販のみ対応、店頭販売は土曜日と祝日のみです。日曜定休。当ページ掲載の釣り場所の問い合わせはご遠慮ください。
NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧



17/03/25
シムス
次に買うのはビブラムかフェルトか?この悩みは数年前からよく聞かれています。まずはこちらのページもご覧頂いてスタッフまでご相談頂ければ幸いです。「SIMMSのウエーディングブーツについてあれこれ考えてみた」

シムスブーツのラインナップはこちら

本日は固定の話。固定方法に際しては靴紐(シューレース) タイプとボアレースの2種類があります。

僕の個人的な分け方は平坦で歩きやすい場面ではボアレース&ビブラムソール。山岳渓流の川歩きにはシューレース&フェルトソールで履き分けています。ボアレースは着脱が容易で、大した場所でなければ長靴よろしく緩めに履いて足の圧迫を押えつつ、少しハードな場所も行く時に固定が欲しくなったら簡単に締め上げて使っています。

シューレースタイプはシムスのブーツはフックの固定が一箇所一箇所がしっかりとしているので、足の甲まではゆったりと留めて足首から上は固定を強くするといった調整が利きます。足が内部で泳がないように最適に留めることが出来て安心です。ですからよりハードな渓流には気を引き締める意味でもフェルト&シューレースというわけです。 スタッドピンを購入時に希望頂ければオススメ位置で打ち込んでから納品しますのでお気軽に申し付けください。 遠征には替え紐もお忘れなく。 皆様も良い週末を!

17/03/24

カーペンターのメタルジグ1510A-150gが入荷しました。ロゴはないですが、アイがCになっております。両面同じホロ貼りなのですが、スモークブラックというカラー(左と中央)だけ、左右面が異なります。なおジグはお一人様4個までの購入とさせて頂きます。


ヒラマサで最も頻度高く使用すると言っていいパイロット的プラグγ90。今回はγ90 Super- L-の再製作分が入荷しました。
こちらはお一人様3個までの販売とさせて頂きます。誠に申し訳ありませんが、スムーズな販売のご協力をよろしくお願いします。


17/03/24
本日、夕刻よりカーペンターのγ90 Super-L-、メタルジグの販売受付をいたします。
販売数などの制限などもありますので注意事項をよくお読みになった上でご注文くださいますようお願いいたします。


17/03/23
ハーディ
ようやくこの英国のフライリール「HARDY」を紹介できる日が来て嬉しく思います。(ただいま康平がまとめております。)
長らくカスケットの英国チックな製品をご覧の方には当然とも思えるセレクトでしょう。こうしたフライタックルと並べても遜色のないシンプルなルアータックルのデザインを目指してきました。(写真は私物)


そして主に当店が取り扱いするフライブランドはグッと絞りました。
ロッドは「Scott」「HARDY」。リールは「Hatch」「HARDY」そしてバスフライ時代に起こしたオリジナルリール「Leading Edge」です。またオリジナルのフライロッドを作る予定は当分ありません。フライは完成品のみを取り扱います。

そして僕は変わらず渓流ルアーがメインです。ヒラマサもやめません、ルアーファンの方、安心してください。(笑)
スタッフの康平は当分フライがメインとなります。

ずっと以前、バスフライの時にも書きましたが、いつかは海外の鱒を釣ってみたい夢があります。海外の川は様々な規制も多く、フライ限定の場所もあります。こうした場所で「ノープレブレム !」と言って颯爽と釣りがしたい。だからフライのキャスト練習だけは続けていました。(IFFF公認の寺島先生、ありがとうございます。)
他にも昔からフライの先輩方にも恵まれた僕はこれから「ここぞ」という場所でフライを使っていきます。

さて、「ここぞ」という場所は何処なのか・・・?それはまた後日の話とさせてください。
ちなみに・・・ルアーでも大きな夢と目標があります。(地下進行中)人生やりたいことだらけです。


17/03/22

レッドペッパー・クルーズカスタムを補充しました。クルーズの赤間さんの要望で誕生したST66(1/0) 、カルティバ・ハイパーワイヤー #7をセットできる強化版レッドペッパーと言えます。そしてこれが最も必要になる季節がまさにこれからの春です。
小イカ、春のイワシ、どちらのパターンにもこの季節にピタリとハマります。ぜひ春の玄界灘に投じてみてください。


ほかにオススメなマッチザベイトなプラグです。カーペンターの30、45シリーズなど春のクルーズにお出掛けの際はお忘れなく。


TIMCO レッドペッパーKRUISE CUSTOM ¥2,790(税別)
なぜかウッドプラグで見切られる時にレッペが効くときがあります。その理由は・・・まずはお試しを!

17/03/21
ジャックガウディ
この連休もさすがに仕事ばかりは限界で、なんとか日曜日は脱出しました。(松添くん、スマン)
独り、好きな車駆って仕事場から徐々に離れるだけで、もはやSAに立ち寄って小便するだけでも楽しい。(笑)
音楽聞きながらの峠ドライブはさらに気分であります。やっぱり鱒釣りはそこへ行く過程も好きだ。

遅めに着いた湖でジャックガウディに35cmくらいがゴン!体高があっていい引きをしてくれる。
春はまだ深場にいますね。快く隣に入れてくださった方、ありがとうございました。
ジャックガウディ
その後サイズアップを狙うも30cmまでの小型ばかり。それでもジャックにコツコツと当たってくれると嬉しくて飽きません。
今日は春っぽい雨が降っています。とりあえず今週がカタログ仕事の山場です。
いい息抜きも出来たので一気に仕上げます。今週は新たな入荷が相次いでいますのでどうぞご注目ください。

17/03/18


写真:i-Phoneで送信
手抜きですみません。

カタログの原稿を書き上げて写真選定、レイアウトなど。いよいよ大詰めで95%は仕上がりました。
何度も休みの日も使ってデザイナーの松添さんと互いの自宅で作業をしています。
おかげで机の上は資料の山でこれから確認作業が待っています。早く机の上をスッキリさせたいのですが、
一旦片付けをすると置いていた資料がどこにあったのか、頭がぶっ飛んでしまいそうです。
というわけでニュースの更新にはここ数日、頭が切り替わらないという言い訳です。

これが終われば、、、春はしたいことだらけなのに・・・来週には終わらせてやるっ!
皆様も良い週末を!


17/03/16
シムスウエーダー
シムスのチェストハイウエーダー専用に開発していたネットホルダーが形状をリニューアルして復活予定です。
まずは新形状の初回試作が出来上がってきました。設計どおりに仕上がり、ほぼこの形状が最終デザインとなる見通しです。また、今回の留め具は真鍮製を使用でマグネットが不意な場所に付いてしまうことはありません。
このウエーダーにネットホルダーが付くシステムであればG3ガイドウエーダーなどの大型のチェストポケットを利用してベスト要らずな身軽な渓流スタイルが完成です。

さらに今年は、あの「振り出しロッド・シンプリー」がリニューアル復活する企画もあり。今年のシーズンも皆様に退屈はさせません!


17/03/15
Scott Present
スコット
ついにScottの取引が始まりました。あれはカスケットでバスフライを導入する以前でしたが、下のビデオクリップには大きく心を揺さぶられましたね。ソルトフライでしたが10年前、この短いクリップのDVDまで買ってしまい、今でも時々見ています。陽気で子供っぽいおっさんが魚釣って、いたずらして大喜びする動画です。


さて、その中で愛すべきキャラクターのフランクさんが被っているスコットのサンバイザー(少し形状が違う)を実は少し持っていました。今回ついに日の目を見ることに!もちろんすでに販売されていません。今回のスコット取り扱い記念にフライロッド購入の方へ先着で3名の方に僕からプレゼントします。

さ、バス用に作っていたフライリール。バッキングライン無しで7番のWFラインを巻いていましたが、新しい5番ラインを巻くとしますか!
カスケットが取り扱うフライラインナップ(リール、ライン、完成品フライなど)は順次公開していきます。

17/03/14
2017New Report : Casket ambassador |Satoshi Matsuura
ジャックガウディ
「そうだ、ジャックガウディマスターになろうっ!」 との事でちょうど仲間と休みが合いましたので、お揃いのルーカステイラーを羽織り行って参りました。 道中の路肩にはまだまだ雪が残っておりました。まずは仲間がジャックガウディにて釣り上げ、焦りを隠しつつ、待望のヒットに持ち込む事が出来たのですが、ランディング寸前で痛恨のバラし!! やってしまいました。逃した魚はデカかったです…トホホ(涙)
気を取り直して場所移動し何とか粘って31センチの鱒に出会いました。
今期初の魚でした。とても嬉しく思いながら、また大きくなっておいでと別れを惜しみつつお別れしてきました。
ジャックガウディ
松浦様、今年も始まりましたね。一匹目は惜しかったー。PEではよくある口切れフックアウト。手前まで寄せて、デカイと思ったらドラグをもう一段緩めて、ラインが出て行き過ぎたら指で押さえるくらいにすると口切れを押えることが出来ますよ。お仲間とルーカステイラーはお揃いの釣り、ありがとうございます。メタリックグリーンスレッドのスーパーディスティニィはカスタム仕様。これはお揃いになることはありませんね!今年も安全に楽しみましょうね、いつもありがとうございます。


17/03/13

今日は眼がチカチカしていますよ。最近、忙しい理由は「カタログ」製作と「フライ部発足」の準備もあります。
昨日も男スタッフ3人でフライのキャスティング講習会へ行って参りました。
僕としてはバスフライから6年ぶりのフライ復帰。ブラックバスではなかなかフライの普及が難しかった苦い思い出もあります。
しかし当店ではトラウトを愛するスタッフも揃い、いざ鱒を極めんと満を持して・・・?
いいや、鱒釣りをいつまでも愛せる、長〜い趣味にしようとゆっくりとスタートします。そう、極めるならば最後はエサ釣りになるかもしれませんよ。(笑)

2017年、カスケットなりの切り口でフライフィッシングの挑戦が始まります。フライ部門は主にスタッフの古和康平が担当します。今年で31歳になる彼はロマンチストのフライ初心者です。初めはチンプンカンプン。分からないことをゼロから学ぶってとても楽しい作業です。さあ、どのように展開していくかは今後のカスケットニュースをご注目ください。


17/03/11

週末、こうして鱒釣りに興じることができる人生は幸せです。
これからもずっと続くように僕らが変えていくこと、変えてはいけないものを正しく選択していきたい。
あれから3月11日は僕にとって色々なことを考える大切な日です。

皆様も良い週末を!


17/03/10
シムスカタログ
2017年のシムスカタログが入荷しました。 3000円以上お買い上げのお客様に無料にて1冊差し上げます。
たいへん恐縮ですがシムスカタログの部数が少ないので、カーペンターをはじめとしたソルト関連商品は対象外とさせて頂きます。ただし備考欄に「シムスカタログ希望」とお知らせ頂ければサービスいたしますので、何卒よろしくお願いします。

さて、僕はと言いますと(チラッと写しておいた)カスケットのカタログ製作の大詰めを迎えています。渓流も解禁したのに、なにをグズグズしてるんだか・・・(汗)


17/03/08
ABU 2500C2500C


今回のABU2500Cはオーバーホールとフレーム修正はすべてのモデルで行い、(1)チューニング済みモデル(2)整備点検のみモデル(3)チューニング&レストアしたモデルを販売いたします。それぞれのお好みに応じて、アブ2500Cによる渓流のクラシックベイトスタイルをお楽しみください。


17/03/07

空は青いが今日は寒い。風邪引いたり、老眼を嘆く同輩が増えました。黄砂と花粉とPMのトリプル攻撃でグシュグシュしてる人も多くなりました。春はなにかと大変ですが、僕が最も困るのは渓流も海も一気に忙しくなることです。さて春の小型ベイト対策決定版のカーペンターBLC84/25ファクトリーモデルが入荷。クルーズの赤間船長から悪魔のささやきも聞こえてきました。(落ち着いて川に行かせてくれ〜!)


17/03/06
Monster Producer 90mm・再受付分公開しました。

暖冬かと思いきや、意外と深山の渓はまだ冬の様相でした。温かい珈琲でカラダを暖めてスタートです。
やはり日曜日となると足跡ばかりの渓流で、ちょっと反応が鈍い。

しかも川の中はまだ冷たい様子でサビの残るヤマメが釣れます。ダブル掛けのテシストフックはやはり掛かりが良いですね。このフックも5月まで生産予定が埋まってしまいました。フックが小さい上に細かい作業行程で熟練の職人しか僕の規定を満たすものを作ることが出来ません。
針といえども数量を作ることができないのが難点です。

サビばかりと思っていたら良型で色艶の美しいヤマメが出ました。こういう若くて成長の早い個体が大きくなって秋に掛かってくれると良いですね。 ハッスルトラッドラインチューブを使うとトラブルがグッと減って使い易さが増します。

最後は春日どぼん会の本田会長がトラッドミノーで8寸ほどの蒼色ヤマメで締めました。同じ渓で様々な個性が垣間見えた早春の渓。僕の渓流釣りがスタートしました。さ、今週も頑張りますよ!


Monster Producer 90mm・再受付分公開しました。


17/03/04
abu2500c
アメリカから取り寄せたABU2500Cのオーバーホールをようやく終え、フレームやカップに傷が多いものは新品パーツに交換して販売準備を進めています。(来週公開予定)中には箱入りの新品同様リールもあるので、内部の所定チェックとフレーム修正を施した状態の販売も企画しています。(チューニング依頼も可能)


古いリールですからね、内部を開けるとグリスが固着していたり、組み間違えや本来と違う部品が入っていたりと様々に問題があります。もちろん当店が販売するものはOHと動作確認してから出荷しますので安心して購入頂けます。またアベイルパーツを組み込んだカリカリチューンも品も販売予定です。キレイで使えるABU2500Cをお探しの方は来週は必見です。

【お知らせ】
昨日はMP90のご注文ありがとうございます。本日より見積もりを開始、来週にかけて発送いたします。なお誤発注などもありましたので、今回の発送が終わり次第、少量ですが再度受付をいたします。購入できなかった方は少しお待ち頂けますと幸いです。


17/03/03

特殊なミノーと思われがちなMPですが、流水でも止水でも使えるがMP90。流速に合わせたただ巻きだけでトウイッチに相当するような誘いをかけられます。 昨年の伊藤さんのサツキマス連続ヒットは僕らを驚かせてくれました。

支笏湖ココさんより投稿を頂きました。


 
CASKET Monster producer90 ¥4,400(税別)
新しい攻め方のジャンルミノーですが、今年は使う方が増えて、より多くの方に実績が出ることを期待しています。 MP90、いよいよ本日から販売を開始です。

 


17/03/02
モンスタープロデユーサー
トラウトミノーとしては初の垂直浮きミノー、モンスタープロデユーサー90mm。
通称MP90(エムピー90)はMP145と比較すると、静水はもちろん、かなり流れの早い激流の瀬」であってもダイナミックなローリングアクションで泳ぎ切るよう設計されています。ですから瀬のサクラマス、サツキマス、本流ヤマメなどに激しくアピールできます。

まだ試す人が少ないので確固たる実績は上がっていませんが、初夏の湖のワカサギパターンでも水面に誘い上げて釣ることが可能なはずです。
垂直浮きですから後方重心でよく飛びますので、遠くのカケアガリ、広大なフラットシャローを広範囲に誘います。イトウではすでにこのダイブ&フロートの釣りが実績を伸ばしています。(参考動画)しかし、この釣り方にはまだまだ啓蒙が必要だし、多くの方が続けることで効果的な場面はまた別の次元で出てきそうな気がしています。
イトウとモンスタープロデユーサー
個人の気分的なものと前置きしつつ、このMPの描き眼には「やってやるぜ!」的な少年の遊び心と、木製ミノーが紳士な釣師の玩具である気品を十分に備えています。販売開始は明日3月3日のお昼の12時に決定しました。ぜひランチタイム前にチェックくださいませ。

17/03/01
今年は平日の渓流解禁日でしたが僕は仕事の山に埋もれております。社長になっても基本、僕の時間は週末だけ。(泣)
スタッフのシゲは「釣り旅」企画の兼ね合いもあって昨晩から里帰り。もちろん朝から釣りをしております。(くっそ〜)
そんなシゲはジャックガウディでいきなり良い魚に出逢ったみたいですよ。

ほかのお客様からも水深のある淵でジャックJrでかなり数釣りを楽しんだとか。
毎年解禁直後は場所取りなんかがイヤでせっせと出掛けることはありませんが、さすがに相次ぐ皆様のご報告にクラクラと来ました。
たまに「人が多くて釣れませんでしたー!」とか聞くと「えぇ、そうなの?」っと妙に嬉しくなってしまう意地悪な自分が今日はここに居ます。(イカンイカン・・)

さて、カスタムロッドキャンペーン(価格)は昨日で終了。シムスのミニウエーダーオーナメントも解禁を前に終了となりました。
今年も皆様の投稿をお待ちしています。よろしくお願いします。

17/02/28

明日から九州の渓流も解禁。今季から発売開始のものや、色々と試したいものが今年もたくさんあります。
長らく掛かって、カスケット2017カタログも3月末に完成予定です。ちょうどシムスのカタログも上がってくる頃でしょうか・・・?

皆様、渓流のご用意はお済みですかとか言いながら、気が付けば僕はリールにラインをまだ巻いてない・・・
消耗パーツも取り寄せているけど、組んでいない。(汗) こりゃ、なんとかして週末に間に合わせねば!


17/02/27
4シーズン ニットキャプは明日の受付までは受注生産とする予定でしたが、材料の都合でマスタードは受付を終了とさせて頂きました。
誠に申し訳ありませんが、引き続き、余剰のあるカラーでご検討戴ければ幸いです。
【4SEASON KNIT CAP】受付はこちら

実は、今回のニットキャップにはもうひとつ、秘密があります。それは白線部分に仕込んだゴム入りの糸です。
コットンニットキャップを被ったことのある方はご存知かと思いますが、被っていくうちにコットンは伸びます。洗うとまた縮んでの繰り返しです。長時間、または二日三日と被ると伸びて仕方ないものもあります。そこでフィット感が長続きするようにゴム入りにして編み込んでいます。
また夏の汗で繰り返し洗っても色落ちがないようにアクリルを50%配合の糸にしています。ちなみに頭のサイズは57〜59cmの方が最も被りやすいように設定。 開発から長く掛かりましたが、我ながら、死角のないニットキャップだと自画自賛です。どうぞこの夏に試してください!
【4SEASON KNIT CAP】受付はこちら


17/02/25

垂直浮きのトラウトミノー、MP90が完成し始めました。来週には販売を開始いたします。
MP90は先日のイトウヒットシーンの動画のようにグリグリ&フロートのメソッドも出来ますが、 瀬の早い流れの中でも引けるよう設定されており、瀬のサクラマス、サツキマス、本流ヤマメにも使用が可能です。 ご検討くださいませ。なお、今年度はMP145mmは販売しない予定です。
さて、右隅に見えるミノーは・・・・来週ご説明します。 皆様も良い週末を!


17/02/24
フィルソン・ベストのリコール対象につきまして


フィルソン・ベストのリコール対象商品
メッシュ・フライフィッシングベスト
2016年に左のメッシュフライフィッシングベストをお買い上げ頂いた方でフロントストラップに不具合があるものは無償修理いたします。(申し訳ありませんが、往送料はご負担ください。復送料は当店が負担いたします。送り先などは下段を参照ください。)
現在、カスケットのサイトで販売されているものはストラップが適正位置に修正されたものを販売しています。


*リコール対象はカスケットでお買い上げ頂いたお客様だけのサービスとなります。


【リコール内容】

このメッシュベストに限ってなのですが、フロントのストラップの留め具取り付け位置が微妙にずれていました。 このように平らに留めることが出来ません。 昨年は米国からの輸入品で仕方ないかと割り切っていましたが、今年入荷のメッシュベストもすべてこうなっていたので、国内で改善の手を加えることにしました。

改善はちゃんと折り畳んで平らになる位置にボタンを追加します。調整ボタンが二箇所になりますが、デザイン的にはさほど気になりません。


こちらが完成の状態。真っ直ぐ一直線の平らに折り畳まれて、フロントストラップのボタンを留めることができるようになりました。

カスケットで販売しているフィルソンのメッシュベストはすべて調整が終わりましたので安心してお買い上げください。
また昨年同モデルのメッシュフライフィッシングベストをお買い上げのお客様にも同様の修正サービスを提供します。その際は当店宛に3月末日までにお送りください。ボタンを追加する加工賃は無料ですが、往送料はご負担頂きますことをご了承ください。修正後のお届けは無料で発送いたします。

【フィルソン2016年販売・メッシュフライフィッシングベスト・ストラップ・リコールについて】
送り先:カスケット 〒816-0802 福岡県春日市春日原北町1−3−10−101 TEL : 092-581-1187
送付期限:2017年3月末日まで受付とさせて頂きます。
納品時期:工房の作業具合によって前後しますので、対象の方には追ってご連絡いたします。(おそらくひと月以内)


17/02/23

スタンレーのランチクーラーボックス15.1Lが入荷。スタンレーのハンマートーンの水筒をお持ちの方なら、つい欲しくなってしまうクーラーボックスです。ゴムバンドの留め具は他にもランチプレートやシングルバーナーを固定するのもアリです。しかし、今年のモデルを買われる方はお得ですよ。なぜなら蓋の開閉がずいぶんしやすくなりました。実は初期型は指の爪が割れるほど硬かったこともあって、僕は留め具を削って調整していました。(苦笑)

15.1Lは軽自動車の荷台にもコンパクトに収まって、ピクニックや旅気分を盛り上げるアイテムにも一役買います。このサイズはコールマン製もよく見かけます。多くの廉価版は蓋内部が空洞ですが、スタンレーは蓋内部に断熱フォームが入っていて、凹むことはありません。知っている人はご存知、この差は保冷力に大きな差を生みます。

僕は渓流釣りの車には必ずクーラーを持参します。山深い渓流で昼食を車内に入れておくと傷むことがありますからね。それに車に戻って頂く冷たい飲み物は格別な味ですよ。気になる容量は2Lペットボトルは4本、350ml缶は20本程度、500mlペットボトルは大抵のモデルは立てていれることが出来るので、お弁当をはじめとしたシングルコンロなども1〜3名分をコンパクトに保冷、保温できます。


STANLEY ランチクーラー15.1L ¥11,800(税別)
大き過ぎないのもいいですね。徒歩で移動の時にも入れ過ぎても重くならず、女性でも持ち運びやすい寸法です。 念のため、クーラーに付けているハンマートーンの水筒は別売りですよ・・・。
STANLEY クラシックバキューム各種 ¥6,000(税別)
ハンマートーンの水筒はアメリカのフライガイドも愛用する堅牢さが自慢です。多少ぶつけて凹んできてはじめて男の道具としての風合いってもんです。



17/02/22

今年の冬ほどヒラマサ釣りに出掛けられなかった年はないかもしれません。三寒四温の周期がちょうど週末に掛かっていたようで、こうなると毎週のように不船が続きました。悔しいことに四温の出船できた日は、よく釣れていたそうです。(聞きたくない・・・)

さて、カーペンターのロッドが入荷。ヒラマサ、マグロに人気が高いBLC84/22や、小西さんがシャローのデカマサに絶対の自信を持つBLC80/40、GTを軽快に狙いつつしっかり浮かせるTBL80/35などが入荷しています。 そのほかBLC70スーパーマルチキャストシリーズの入荷も要チェックです。


17/02/21
ウエーディングジャケット
カスケット企画のウエーディングジャケット、ルーカステイラーが今週ようやく入荷します。お待たせいたしました。今回のモデルから袖丈を長くし、冬でも使いやすくなったと言っておりましたが、結局春になってしまい申し訳ありません。せめて、春の解禁に間に合うことが出来たので内心ホッとしています。


軽量で防水透湿、価格は抑えめですが性能はゴアテックスを長年使ってきた僕が遜色ないと太鼓判を押します。
腹部のポケットは大容量で胸にも幅広ポケットを左右二つ。そして鍵や携帯電話を入れるポケットと、合計5箇所のポケット装備はベスト要らずなジャケットですが、フィルソンのベストを合わせたとしても、ポケットが取り出しやすいのもウリです。

ルーカステイラーは入荷前ですが現在余剰在庫分の受付をしています。ご連絡は昨年末に頂いた方から順次行いますので、発送の最後尾の方は来週末から再来週までお時間を見て頂くと助かります。ご迷惑をお掛けしますが何卒よろしくお願いします。


17/02/20
Minnow plugging hook

1hook、2hook、Triplehook、実際色々な考え方があって、なにが魚に優しいとか、リリースも含めて、自分自身だけの問題で、他人に押し付けたり説くものではないと僕は思っています。
以前にも書いた通り、シングルフックをわざわざ作っている理由は早掛けだから。耳付きの針構造の方がフックが対象物に当たった瞬間、針先が刺さる方向から逃げてもテコ原理で突き刺してしまうからです。つまり釣るためですよ。
耳のそばにループを作って、よりミノープラッギングで使いやすくしたら、針の形状やネーミングまで類似品が出るほど色々な方に好評でした。
プラッギンアシストフックがようやく注残に追い付きましたので受付を再開しています。

ダブルアシストのループノットフックはどうかな?っと思っていたら、やはり実績の出た方が多かった様子で、渓流シーズンを前に完売。5月の生産予定まで埋まってしまったため、現在は受付を中止しています。バレやすい「威嚇チョン喰い」に有効なのですよ、このシステム! ただ今、職人は時々、指に針を刺しながらもペースを上げて頑張ってもらっていますので受付再開はもう少しお待ちください。


17/02/17

昨日紹介の4シーズンニットキャップの価格も決定。受付を開始しました。
もう一度、ご説明します。防寒用のニットキャップではありません。耳上で被っても似合うように設計された夏にも被りやすいニットキャップです。暑がりの方なら冬にも被れます。

またコットンニットキャップを被ったことのある方はご存知ですが、被っていると伸び、洗うと縮むを繰り返します。
今回のニットキャップはフィット感を保つように、より伸びが少ないよう設計されています。何度も洗っていますが色抜け、毛羽立ちは半年の使用ではまったく見られません。また洗って最初のサイズよりも縮むことはありません。 ただし、ガス式の乾燥機に掛けると縦糸が縮んでトンガリが少し短くなります。

【4SEASON KNIT CAP】受付はこちら

17/02/16

季節問わずに年中被れるコットンのニットキャップを作りました。歳を取ると髪の毛が惜しいのか?面倒なのか?3〜4ヶ月切らないのは当たり前。(苦笑)そこでボサボサ頭をスッキリ隠してくれるニットキャップはほぼ年中使うアイテムとなりました。こうなったら寒い向けのニットキャップは山ほどあるので、夏にも被れるニットキャップを開発しようと思ったわけです。 昨年の夏から試作を繰り返し、夏も秋も冬も被った上でオリジナル開発。まるでロッドやルアーを作るかのように検証しました。というわけで、頑張って夏意識のTeeシャツで撮影に臨んだ次第であります!

上写真のように耳上でなく、耳まで被っても、ご覧の通りの頭頂部の余り具合。そしておでこを全部出してもワイルドに決まるニットキャップです。
   
4枚合わせで必ず縦に尖るように被れます。個人的に頭頂部が丸くなったり、余りが多いのは男っぽくない!っと思う。


4シーズン被るからにはコンセプトは以下の通りです。
(1)耳上で被っても頭頂部の余りが少なめで尖るように設計。(耳まで被ってもやや余る絶妙なサイズを算出=男っぽいデザイン。)
(2)夏被っても暑くない。(デメリットは真冬のマジ防寒対策には不向き。)
(3)適度に汗を吸ってくれるコットン、アクリル50/50
(4)抜群のフィット感は締め付け過ぎず、緩すぎない。
(5)繰り返し洗っても毛羽立たない。洗っても色褪せが少ない。(ゆえのアクリル混)
(6)汗の匂いも押える
(7)洗い替えも持ちたいので価格は抑えたい。

・・・と言うわけでニットキャップ考の熱い解説をお読み頂いて、明日から受付を開始予定(受注生産品)です。どうぞよろしくお願いします。(納期や最終的な生地確保の確認を行っています。)


17/02/15

夏にも冬にも被れるオールシーズンなニットキャップがついに完成です。(長かった〜)受付は明日〜明後日の開始の予定です。


先日、ご来店のお客様から「どこか近くで嫁と子供が時間を潰せる場所はありませんか?」とスタッフへ尋ねられたらしい。
スタッフは近くのショッピングモールを案内したらしいが、僕ならすぐ近くの春日公園をお奨めしたのに・・・。
とても広くてジョギングコース有り、遊戯施設あり。僕が小さな頃から、朝も昼も夜も、なにからなにまで遊びまくった公園です。(笑)
今でも夕方は犬と楽しむ散歩コースです。
ところで、カスケットの店内がグーグルマップで覗けるようになったのをご存知ですか? 狭い店なんですが、遠方でお越しいただけない方に店内も見ていただければ幸いです。
グーグルマップで「カスケット」で検索してみてください。ついでに春日公園も近くですので探してみてくださいね。
では夕方の散歩、行ってきます!


17/02/02
「2017 九頭竜速報」
解禁したばかりの九頭竜川より速報が届きました。毎年サクラマスは「つ抜け」釣果のTAKEさん、今年も飛ばしていく様子です。

ロッド:バルキーバックBBB88XHS、ネット:コンクルージョン SAKURA CURVE


クリアウッドさんとのコラボミノー、ファルコンのmodel903(仮)を今春、試験的に発売する予定です。 このミノーの理論・コンセプトはTAKEさんも在籍のTDFCの皆様から頂いたものです。本日速報のヒットカラーはTAKEさんがぜひ塗って欲しいと言われたチャートバック系!(model-903ではありませんよ。)「まだ寒いよね〜」と悠長に考えていましたが、これは急いで作らねばなりませんね。なお、TAKE氏にはTDFCを代表して製作中のカタログでサクラマスコラムを書いて頂く予定です。皆様も楽しみにしていてください。(カタログの予約などはまだ出来ませんので、発表前はお問い合わせ頂かぬようお願いいたします。)


17/01/25

渓流ウエーダーはウエストハイ(パンツタイプ)に替えませんか?
流れの中で胸まで立ちこむことはそうそうありません。着替え易いのはもちろん、上着の使い方、見え方もパンツタイプは大きくイメージチェンジです。


なんと言っても御叱呼(開高さん流に言うと)がしやすい。干すときも簡単に裏返し出来るので衛生的です。
このモデルから黒のベルトが脱着式になったので、バックパックやウエストポーチを付けるときはベルトが二重にならず楽になりました。
実は以前のタイプは二重になって痛いと思っていました。(結局、切って外す。)
3レイヤーと5レイヤーの切り返しは太腿の部分です。色が違う部分。よく擦るお尻まであった方がいいと言われますが、見た目的には太腿までの方が僕は格好良いと思います。サーフや湖で波を被るときはチェストハイがオススメですが、小渓流だけならぜひ一度パンツタイプをお試しください!
 simmsウエーダー simmsシムス