ホーム >> てしまひろしのニュース>> 過去ニュースはこちらよくある質問集*ご質問の前にご覧ください。
ヒラマサ挑戦トップ ヒラマサキャスティング シムスSIMMS レイクショアジギングジャックガウディ
【お知らせ】 当店は月〜金曜日は通販のみ対応、店頭販売は土曜日と祝日のみです。日曜定休。当ページ掲載の釣り場所の問い合わせはご遠慮ください。
NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧



18/02/20

Trad Minnow trad50s from CASKET on Vimeo.
シムスのウエーダーやブーツの入荷が始まっており、それぞれご予約の方へご連絡を差し上げています。今年はブーツフットタイプの入荷が遅れてしまい、お待ちの方々には申し訳ありませんでした。在庫もできましたのでブーツタイプのシムスを探してい方は是非ご覧ください。

動画にもあります通り、小渓流、あるいは深い場所に入らないスタイルであれば僕はパンツタイプをずっと愛用しています。これなら上着の自由度が増すので色々な服で渓流スタイルを楽しむことができます。(回している時ほど大物って掛からない・・・泣)

はじめてのシムスでサイズや違いなどを悩む方はぜひ当店のスタッフにご相談ください。どこよりもサイズ・詳細を熟知していると思います。また動画中のフィルソン・ストラップベストもカスケットでは独自にスナップを打ちかえ、使いやすくしてから販売しています。
また今年はレスチューブという小型の救命補助具を併用して本流や渓流で自分もお子様なども安全に水遊びを楽しんでいただきたいです。


18/02/19

冬の玄界灘に出るチャンスは大荒れの寒波が少し和らいだタイミングなので、こうした船を隠すような「うねり」が付きもの。先端に立って投げているとザザーッと音を立て、海賊船のように上がったり沈んだり。水面から5mほど上に立っていることも・・・。やっていて自分でも怖くなる時があります。

さて、トラウトオフ、ヒラマサオンの目標といえば、10kgオーバーのヒラマサ。この日も1本取れました。フライキャスティングの師匠、寺島先生が後ろで演出してくださいます。怖い顔してるけどサービス精神旺盛な方です。いや、どちらかと言うとふざけてばかりの人です。

他の方も次々に良型を上げていきます。この日は赤間さん指示のγ60-L、MH60が好調。カーペンターのプラグはどこよりも細分化されたラインナップが豊富なので、戦略的に状況を探ることができます。あとは僕らがチューニングを合わせるようにアクションをアジャストしていければヒラマサは同じ鍵で開ける鍵穴のように容易に開き始める。これ、小西さんの言葉です。

そしてこの日は運良く、その鍵穴が僕のパターンだったようです。本日2本目の10kgオーバーは13kg!寺島先生が今度は魚臭いグローブで首を絞めてきました。(心の狭い師匠を演出だと言っていましたが・・・)ホントに臭くて、痛いです・・・寺島先生!

このヒラマサプラッギンはヤマメのサイトフィッシングにかなり役立てています。単純にこれだけの巨体であれば数メートル先でプラグに追尾する姿が見えるわけです。そこからの食わせのアクション操作は冷静に追い方を見てから動かせるようになります。これ、まさにヤマメ・イワナでしょ!(まだまだ失敗も多い。)
最後に鍵となるのは出船頻度が高いクルーズの赤間さんのアドバイスや読みが僕らを助けています。彼の良さは一日でも分かりますが、乗れば乗るほど、さらにそう思いますよ。ヒラマサに挑戦したい方はぜひ博多から出航のクルーズへお越しください!


18/02/17

昨年の10月7日に予告していましたRevolution RB51MLSの設計及び最終コスメを決定させました。
現在はブランクをマンドレルから製作中で、販売時期は早くて5〜6月となる見込みです。
レボリューションとしての新作はもう10年は出していなかったと思いますから、レボが愛竿と言ってくださる方のご期待に応えようと気合が入っています。
大まかにはRB48とRB55の間を埋めるものです。RB48は源流向けの短竿ゆえにしならせる動作が難しく、ちょっと広い渓流域では飛距離を伸ばすことができませんでした。そこそこに飛距離が必要ながら、ボサが多くRB55よりも4インチ(約10cm)短かければ、もっと快適に釣りができる渓流も多々あります。そんな要望に答えたのがRB51MLSです。RB55で人気の高い軽いバックハンドキャストフィールを残しつつ、バットセクションを短くしています。レボの真骨頂であるフッキングを決めるバットパワーはRB48とRB55のまさに中間くらいでセッティング。

また一つ、渓流スタンダードとなりそうなファーストテーパーロッドが誕生します。(具体的な受付はあと数ヶ月先となります。)

追記
昨日のトラッドミノー販売において 、お買い上げの皆様にお礼申し上げます。 特にグリーンゴールドヤマメやセルタカラーには人気が集中した様子で気に入ったカラーが買えなかったという方もあるかと思います。時間はかかるかもしれませんが、実績が上がればもう一度塗る機会もあります。発送は2/21からです。陽光の春渓でぜひお試しください。皆様もいい週末を!

各取扱店様にも発送済みです。ご確認いただければ幸いです。
伊勢原釣り具プロショップ大塚リバーランズKナチュラリスト
18/02/16 (本日2回目の更新)
昼の部・受付終了→夕方の部・受付開始しました。

ウッド製・トラッドミノーTRAD50Sの受付開始(昼の部〜13時)は終了。夕方(19時以降)の受付を開始しました。
お電話でのお問い合わせはできるだけお控えいただき、カートより発注いただきますようお願いいたします。

また、 シングルおよびツインのアシストフックも在庫を更新しました。この機会にぜひ、快適なアシストフッキングなミノーイングをお楽しみください。 (できるだけミノーとフックは一度の発注でおまとめください。複数の注文を後からまとめるのは相当な手間がかかります。)
18/02/15

TRAD MINNOW 50S 、いよいよ明日公開です。
今回はお仕事の合間と仕事終わりの方に買っていただけるよう、お昼と夕方の2回に分けて公開予定です。

トラッド50mmは僕の中で様々なプラッギング要素を見つめてきた基本となるミノープラグです。ここからあらゆるミノーに派生し、釣り方や楽しみ方を突き詰めていきました。明日の公開を前にカラーをあらかじめ悩んでいただこうとラインナップをお知らせします。
TRAD50S
ブラックジミーハーディ
動きが見えやすい細いブラックラインに背中のサイドにはケイムラシルバー。紫外線を可視できる鱒族に期待を寄せた挑戦的ギンクロオレンジベリーであります。

グリーンゴールドヤマメ
グリーンベースは渓流ミノーで僕が好んで使う色であり、水色次第でゴールドが欲しい時に使ってみたいと思いました。

セルタ・チャートII型
子供の頃から愛用のセルタスピナーの柄を背中に配した僕のお気に入りカラー。このシリーズにはコレクターもいるのでチャートの色合いを変え、II型も作ってみました。このグリーン色はなかなか苦心したのですが、またまたお気に入りのセルタカラーが加わりました。

プラッギントラウト
とにかく水中で派手で小賢しく、ヤマメ、アマゴの親分をムカつかせる、ド派手な渓魚カラーです。

HBアユ
捕食、縄張り、両方の意味合いにおいて鮎は盛期の渓流では重要な役者でしょう。 ホットベリーをギラッと見せて渓魚を怒らせてください。

それではまた明日!本日、instagramに少しだけ動画を公開しました。
18/02/14
「壁を超える」
ヒラマサカスケット
ヒラマサをはじめたら、まずは10kgの壁がある。ヤマメで言えば尺ヤマメでしょうか。
そして20kg、30kgへと難易度のハードルは急登に上がります。今日はこの冬に、ついにその壁を超えた方々をご紹介します。
まずは村瀬さん、いつもおかしなことばかり喋ってくれてありがとう。最後まで冗談かと思ったらついに10kgオーバー(12kg)を仕留めましたね。 やられっぱなしと見せかけてヒラマサを油断させるファイトが功を奏しました。

「これでカスケットのピンバッチもらえるんやー!」って間違ってます!(怒)
ナイスファイトで立派なヒラマサには違いないけど、ピンバッチはカスケットのトラウトタックル3種類で釣った方ですからね。それはそれで、もしもヒラマサが釣れたら差し上げますけど・・・(笑)


続いて前原さん。いつも惜しいところまで行って叶わなかった10kgの壁。初めてヒラマサを釣ったγ60ーLはもうボロボロです。
この魚でついに殿堂入り決定。ルーカステイラーがぐちゃぐちゃに汚れる姿が嬉しそうで眩しかったです。

こちらは46歳にして、ついに初キャスティングに挑戦の春日さん。昨年は10kg近いダイエットで鍛え直したと散々僕らに自慢をしていましたが、8kgのヒラマサに恥ずかしげもなく悲鳴をあげてくれました。僕らは思わずヒラマサを応援していました。

これもそれも水上さんが横で熱心に教えてくれたおかげです。「いいや、カーペンタータックルのおかげだ」と春日さんは言っています。
BLC84/22R-Power1にγ60に新作のMH60が活躍しました。そしてさらに調子に乗って釣りまくった春日さん、最後はサワラに買ったばかりのMH60を奪われてショボン・・・。早く次のリリースありませんかね・・・僕も困っていますよ。(苦笑)

つづく

18/02/13
Looking back upon happy stream day! Thanks Casket Ambassador TAKAFUMI SHINODA

初夏の渓、釣れてくるのは小さなアマゴばかり。小さい魚はきれいなんですけどね…。


そこへ現れた良型のイワナ。ルアーはTRAD50S、ロッドはアルセドクライマーACB52MS-4(カスタム)
カスケットで購入したハーディのブグレも活躍しています。あの手この手で渓流を楽しんでおります。私の愛車はあえてのMT車。中年には渓流の帰り道操作が結構キツイのですが、運転も楽しくて!
最後の写真は9月初めの楽しかった釣行です。高校時代の同級生3人でその1人が所有する船からエギングをしました。 レボリューションにEVAグリップでのティップランエギング。シーズン初期にしてはサイズも良く、一人30~40杯は釣れました。 渓流と違い仲間とワイワイ飲みながら、話しながら賑やかな釣りも良いですね。 来シーズンもカスケット様のタックルと良い釣り、良い休日を過ごせたらと思います。 


篠田さん、ありがとうございます、今年のピンバッチ届いていますか?イワナのタックルはカスケットマニア垂涎のスタッグベゼルにカスタムアルセドクライマー、渋い組み合わせです。それにもうじき発売のトラッド50 S。皆さんからもストックがなくなってきたとずいぶん要望を頂いておりました。こちらは16日に受付を開始する予定で進めています。アシストフックも同時に受付します。皆様、チェックよろしくお願いします。

さて、渓流も楽しそうですが、イカ釣りのご友人との写真、いいですね〜!レボリューションがエギングにいいのも試していただけてるなんて嬉しいです。繊細で鋭敏なのでエギングロッドに釣り勝てる竿だと思います。これ、ホントなんですよ。
それにしても、夕暮れまで心から釣りを楽しめるご友人がいることも羨ましく拝見しておりました。今年もぜひ楽しい釣りを!


18/02/12

寒さで塗料の乾燥も難しい中、ようやくTrad MInnow 50Sが届けられました。すーちゃん、まりちゃんありがと!
これで今週中に同ミノーとプラッギンアシストフックの受付が開始できる見込みです。

さて日本列島全体が寒いですが、昨年のご投稿を振り返って少しづつ春渓の気分を盛り上げていきますか!
Looking back upon happy stream day! Thanks Casket Ambassador FUMIKANA

初めまして、手島様、カスケットスタッフの皆様。私は岩手の、ふみかな、です。昨年、秋田用に購入した、カスタムロッドバルキーバックに新しいグリップ、ビッグトラウトネット、ジャックガウディで1本(右下写真)トラッド90で1本(左下写真)秋田県で川サクラ2本を上げる事が出来ました。ありがとうございます。それと、地元の川で1本。(上写真)こっちはカスタムロッドレボリューション62、孔雀瘤グリップ、ストーリーム30ネット、トラッド50です。    
ふみかなさん、ご投稿ありがとうございます。ピンバッチ届きましたか?今年もご投稿お待ちしています。


18/02/10

ところでこれ、何でしょうね?(格好いいけど、、、)
おじさんになると、無駄な動きはしたくないのに、無駄そうな物を見つけると、妙〜に気になってしまい、ついつい買って帰ってしまうことがあるんです。 骨董市なんかがそうですよ。何か欲しいものがあるわけでもないのに、この時ばかりは何往復もウロウロできる。

仕入れたはいいけど、なにかにハマらないかと探したらスタンレーの1Lの蓋にピタリと収まりました。実はこれでスタッフはお客様の数人を騙したみたいですよ・・・。洋白、ジャーマンシルバーの美しい彫金レリーフ。調べるとアメリカの嗅ぎタバコの缶用に作られたもののようです。日本では馴染みがありませんが、昔のピース缶にははまるのか?(謎)

ともあれ、数個だけ入荷。無駄が大好きという奇特な(有難い)方のご注文をお待ちしています。 皆様もいい週末を!


18/02/09
大人のシンプリー「TENKARA SIMPLY」

大人版シンプリー(TENKARA SIMPLY)¥9,800(税別)の登場です。
カラフルバージョンとスペックは同じなのですがコスメが異なります。
多色巻きスレッドに源流釣行のパックロッドと同じネームの「Alcedo Climber|アルセドクライマー」ロゴが入ります。裏にもスペックネームが入ります。子どもを対象としたカラフル版と比べて価格が大きく異なる理由は以下の通りです。ご理解いただければ幸いです。

(1) スレッドラッピングはカスケットのトラウトロッド職人が一つ一つ手仕上げで、箇所こそ少ないもののラッピングマシーンに乗せる時間は大差がないため工賃が多い。
(2)子供版シンプリーは特別提供の価格(販売時に触れていました。)
(3)専用布袋ケースが付属。

子供版のカラフルなシンプリーと合わせまして、こちらも受注を開始します。

大人版シンプリー(TENKARA SIMPLY)ご注文はこちら

毛針への挑戦、テンカラ・シンプリーから始めてみませんか!


18/02/08

釣り具の打ち合わせや撮影に追われて、この刺繍ブローチに手がつきませんでしたが、ようやく公開です。
40も50も過ぎて、歳をとると要らないプレゼントや急なサプライズはご遠慮したいところですが、これなら食べ物の次にもらっても困らない、重たくない?アイテムでセンスを感じてもらえるのでは・・・?! うむ、僕的にはかなりツボなアイテムなんですが・・・・。興味を抱くお客様は真っ二つ!(汗)さて流行るのか・・・?

【Macon&lesquoy|マコンエレスコア】紹介ページはこちら


18/02/07
「Macon & Lesquoy|マコン・エ・レスコア 」(刺繍ブランド) 久々に一目惚れして仕入れてしまった(釣り具以外の)アイテムです。実は昨年末に入荷していたのに、忙しくて更新ができず、ちょこちょことご来店の方に売れております。(よ〜く見ると12/29に初出のカメラは完売)その名も「Macon & Lesquoy」。マコンとレスコアという二人のフランスの女性デザイナーが手掛ける刺繍ブランドです。刺繍ブローチなので、数グラムと軽量で帽子にもシャツにもセーターにもコートにも付けやすい。それに光沢のある金モール刺繍はまるで宝石のように輝きます。なんと言ってもマコンとレスコアのユーモア溢れるデザインに一目惚れなのです。
価格は3,000円〜8,000円で、他にも色々ありますので、明日から徐々に更新してまいります。どうぞお楽しみに!

追記
防水カメラバッグ、偏光サングラス、ベレーハンチング、ほか企画も同時進行中です。こちらからの公開まで新製品の発売時期や詳細のお問い合わせはお待ちくださいますようお願いいたします。


18/02/06

ミノープラッギンフック、せっせと作っております。この針をお待ちの方、お待たせです。
しかし、こうやって見ると「紅さし」ですな。シンプリーにこれだけで投げてもなにか釣れちゃうんじゃないかしら・・・・
ともあれ、この最短結びを大量に作るのは至難なのです。コーティングが千々輪にいくと使えませんから、かなり神経を使って作ります。さらに今回からいったん針に縫い刺しして作るので抜けにくく強度アップ。よって今年から若干の値上げをさせて頂きたく、近日受付を再開する予定です。皆様お許しくださいませ。


18/02/02

この冬、玄界灘では数々のドラマが起きています。悔しかったり、嬉しかったり。

トラウトマンの方、冬は何もしないってのは少し人生を損している気がしますよ。

今年の秋からでもいいです、爆発的に悔しかったり、うお〜って叫びたくなるほど嬉しくなるクルーズの玄界灘ヒラマサに挑戦してみませんか?
この結果はまたいつかご報告します。皆様もいい週末を!


18/02/01
Looking back upon happy stream day !(2017年釣果)

山形の二戸です。今年は雨の影響で水温、水量共に不安定でしたがようやくスイッチが入った様です。
ファルコンが流心に入った瞬間ヒット、激しいローリングの末なんとかランディングしたヤマメは38.5cmでした。
ロッド:ベゼル+RB55MS、ルアー:ファルコン50S、ランディングネット:コンクルージョンST30、ライン:トラウトプラッギン


二戸様、トリプルCでのご投稿ありがとうございます。クリアーウッドさんとのコラボミノー、ファルコン。今年も製作を企画していますが、数量はたくさん出来ない見込みです。今回のアンバサダーピンバッチの発送に伴ってファルコン新作時に企画されるモノクロームヤマメの50Sも記念品として発送をしております。昨年ファルコンの投稿は多数いただいたのですが大きさ順で該当者を決めさせていただきました。発送をもって当選に代えさせていただきますので何卒よろしくお願いします。


18/01/31
Looking back upon happy stream day !(2017年釣果)

これは北海道の中川真一様から届いたヤマメ。トリプルC投稿ありがとうございます。
北海道のヤマメはほとんどが海に降るのでこうしたパーマークがお腹の下まで入るような個体は貴重な一匹だと思います。夕陽に当たってオレンジ色を強める秋ヤマメに夢中にシャッターを切る至福の時間です。

さて投稿者への記念品を昨日より発送していますが、2月は昨年にご紹介していなかった方々を紹介して春の機運を盛り上げて参りたいと思います。2018年、早春サクラマスのご投稿もお待ちしています。


18/01/17

今回のシムスの新作の中で自分でも使おうと思ったアイテムをご紹介します。それがこのシムスのボトルホルダーです。
ボトルホルダーの内寸はφ:105 H:140。ベルトループは二箇所で取り外し可能なので太いベルトはもちろん、ウエストバックにも装着できます。

生地厚は ボトルホルダーというだけに保温性を考慮したパッドの厚みがありますので耐衝撃にも強そうです。

また対応していたボトルは1リットルタイプですので、開口部は広口で様々な用途がありそう。例えば・・・・ (以下参照)

(1)ミラーレスカメラ
写真はSONY α5100+16-50mm。とりあえずサッと撮る時に使っている使用頻度の高いカメラです。これを防水パックに入れてみます。
いつもはベストのポケットに入れているのですが、これならすぐに取り出ししやすそうです。ほい!すっぽりと入りました。(下写真・右)

(2)C&Fデザイン ウオータープルーフケース(上写真・左)
入れてみたMサイズは外寸W:155 D:105 H:40mm。僕はソルトショアの時によく使う防水のボックスです。サクラマス用のミノー入れにも良いですよ。入れてみると、やや上部が出るものの、巾着も閉まりますので落ちる心配はありません。フロータントやドライシェイクなどを入れても使えると思います。さ、入れてみます。(下写真・右)

(3)リングスター ルアーケースDM-750
薄型で外寸はW:145 D:100 H:21mm。仕切りタイプにはジャックガウディ。フリータイプにはフックやピンセット、スナップなどを収納している湖のオカッパリでよく使うセットです。こちらは2つは余裕で3つ入れることも可能でした。(下写真・右)

渓流用ミノーならばかなりの量が入るボックスなので二つも持っていけば十分です。また同様にFB-2の小型ならば6個は余裕で入るでしょう。他にはGOPROやフライのダストボックス、ペットボトル、もう入るならば思いつく限りのことができそうです。


18/01/16

2018年、シムス新作がすでに入荷し始めています。色々と更新していますので気になるアイテム、お問い合わせください。
また何かと便利なコージーもプレゼントキャンペーン中です。本日はスタッフがログフリースジャケットをご紹介です。
安価で保温性あり、オフショアにもお勧めできます。

シムスSIMMS


18/01/09

フロントキャップのトリガー仕様でキャスティングをする際、緩んだことはありませんか?僕のハンドルは緩みません。その訳は・・・よ〜く見れば分かります。秘密、分かりました?

もったいぶらずに答えはコレ、シリコンゴムを挟みます。
挟み方は簡単!動画をご覧ください。なお、このゴムはアマゾンなどでも販売されていますが、当店で通販の方に備考欄に「緩み留めゴム希望」と明記ただければ3個ほど無料で差し上げます。「なにか通販してね!」っの意ですからゴムだけ売ってくれとか言わないように・・・。