ホーム >> てしまひろしのニュース>> 過去ニュースはこちらよくある質問集*ご質問の前にご覧ください。
ヒラマサ挑戦トップ ヒラマサキャスティング シムスSIMMS レイクショアジギングジャックガウディ
【お知らせ】 当店は月〜金曜日は通販のみ対応、店頭販売は土曜日と祝日のみです。日曜定休。当ページ掲載の釣り場所の問い合わせはご遠慮ください。
NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧



17/12/13
2500Cの公開準備を進めていますが、公開前のご質問をご遠慮いただきたく存じます。
どのモデル、何色がそして程度は?価格は?など先にお知りになりたいお気持ちはわかりますが、
質問した方だけにお教えするのは不公平に感じます。
そのほかの人気アイテムにしても同じようなご質問が多く、販売前に情報をお答えすることを躊躇うこともあります。
今まで発売予定の告知はできるだけ多くの方に周知いただきたい旨で行なっていますが、今後こうした抜け駆け的なご質問が相次ぐ場合は予告をしないで販売することも検討したいと思っています。ご理解いただければ幸いです。


17/12/12

フレーム調整や、軸研磨、そして大事なのが適材適所なグリスとオイルの塗布です。
今日は昼からニーゴーシーオタクの赤間さんに来てもらって、最終作業および2500Cメンテの勉強会をしてもらいました。
分解、脱脂の仕方から、オイル2種類、グリス3種類を使い分けるだけなくブレンド塗布。写真のつまようじを巧みに使います。
さすがは100台ちかく2500Cを組み直しているので、オイル塗布もスムーズで手際が良い。かなり勉強になりました。

とりあえず、販売用としてはご自分でカスタムパーツを入れやすい「OHおよびフレーム修正などの整備済み」を8台とすぐに実践可能な「2500C(TUNED)」を2台、「2500C IAR(RESTORE&TUNED)」を2台。以上12台の販売を予定しています。どれも美品で機関調整済み。
これらは公開に向けて準備をしていますが、明日は所用で時間が取れず、公開はできないかと思います。お待たせをしています。

2500CDLは完売となりました。約1年がかりの作業になりましたが終わってホッとしています。
ずいぶんたくさんのアブを犠牲にしましたが・・・・(涙)残りのパーツは上記の2500Cの整備を終えたらパーツ販売を考えています。


17/12/11

久しぶりに峠を走りたくて、勢いよく出かけたら山の上の方はずいぶん雪がありました。
わ〜!なんて喜んでいると、どんどん高度が上がって行くにつれ、、、、

冬タイヤの準備もなく、なめていました・・・・。 ビビリの僕はどこかをぶつけないうちに早めのUターン。結局、目的の温泉までは到達できませんでした。 釣りもドライブも無理するもんじゃありませんね。おとなしく仕事仕事。

今週はハッスルトラッドの新色受付と2500Cのレストア&カスタムモデルを販売予定です。


17/12/09

実は、先週ようやく外海に出ることができました。
あまりに長い間、出ることができなかったので気持ち(用意)だけは先行し、あれもこれも試してみようとキャスティング5タックル、ジギング2タックルの過去最高なフル装備を持ち込んだのは良かったのですが、こんな日に限ってヒラゴ1匹で終了・・・(泣)
ま、おかげで同じ波風の条件であらゆるロッドを投げ比べることができたので、ロッドとルアーの適正は掴むことはできました。

さて、曲がっているのはBLC80/40。岩礁帯のオオマサを獲る最強ロッドが今冬入荷。ヒラゴでしたがスレになっていたのでそこそこ曲がってくれました。(苦笑)ブルーチェイサーながら40LBあるので、GTも相手にできるパワーロッドですが、30LBクラスでカラダが慣れた方は、γ90から、あまり苦なく使えるかと思います。ロッドは徐々に高番手に慣れるのがおすすめです。20→30→40LBというように、いきなり40lbに進むとカラダがついていきません。またBLC80/40に適当なリールはダイワなら6500番、シマノなら18000番ですが、慣れないうちはリールサイズをワンランク下げて、ライン6号で始めるのも良いと思います。もちろん8号以上を使う場合は6500番クラスの大型リールを使用してください。


Carpenter BLC80/40 R-PowerMax Supercobra   強化レギュラーモデル ¥72,500(税抜)
ブルーチェイサー最強モデル、獲れなかった、あのオオマサへ再び挑戦するのはこれです。用意のある者だけに訪れる栄光のサイズがあります。

Carpenter BLC84/22 R-Power1   カスタムモデル ¥90,000(税抜)
ヒラマサキャスティングのスタンダードロッド。今回はカスタム(ヒラマサデカール・上糸:ダークブルー、下糸:ゴールドフィッシュ、飾り糸:シルバー仕様)です。
*同様のフィッシュデカールモデルのカスタム仕様は随時受付中です。スレッド変更などご相談ください。受付機種に最新のSPL80/33、BLC84/20が加わりました。




17/12/08

さ、ニーゴーシーにも取り掛かりましょ!
調整出来次第、数台公開予定です。


17/12/07
Looking up on happy stream day ! Casket AMB : angler saito

ABU2500CDLのパーツがアメリカのサイモンさんから無事に届きまして、残りの台数を組み上げています。組み立て、最終調整はニーゴーシーオタクの赤間さんがチューニングしてから出荷しますので、少しお時間をいただきます。12月はシケも多いので彼も暇な日が多いはずなので年内には残りを組み上げことができると思います。 本日より予約再開いたします。(おそらくこれが最終出荷となります。)
ABU2500CDL予約開始

ブルーグレーにゴールドを配したまさにデラックスなこのリール。恥ずかしながら私も使用したことはないのですが、、、(恥)購入してすぐにガンガン使う方があります。ユーチューブでも有名な方ですのでご存知の方も多いかもしれません。angler saito氏より北海道のオショロコマの投稿をいただきました。この模様はぜひ動画(youtube)でもご覧ください。
saitoさん、褒められすぎてキョーシュクです。(汗)ありがとうございます!

動画内の華麗なキャストは「ホントに2500C?」と評判です。ロッドはアルセドクライマーACB52LT-4。このブランクのトリガー仕様としての意図はなかったのですが、調子はマークスパイダーと同コンセプトのスローテーパー設計。saito氏の使用でこのロッドがトリガー仕様としてかなり使いやすいことが判明しました。アルセドクライマーACB52LT-4は現在在庫がなくカスタムでの受付のみですが定番品として春までには製作を間に合わせたい考えではいます。確実に入手したい方はカスタムでのご発注をオススメします。


17/12/06

靴を久々に買いました。買ったのは三週間も前ですが、傷が入る前に写真を一枚撮っておきたくて、ずっと履けずにいました。(笑)

以前、ベゼルグリップを購入いただいたお客様がブログで使用する前に雰囲気のあるお写真を撮って、「ついに買った。」っとコメントしてあるのを見て嬉しくなったのを覚えています。 もちろんその後の魚とのツーショット写真もとてもとても良い感じで。

そうして使って、傷が入ってもなお、愛着の増す製品が好きです。レザーアイテムや銘木オイルフィニッシュの釣り道具たち。
これから納品されるボロンハンドルやランディングネット。ぜひ届きましたら、カメラをお持ちの方は一度ファインダー越しにじっくり楽しんでみてください。オフが少し楽しくなるかと思います。


17/12/05
モフモフかキルトか。
冬、暖パンの季節が到来です。
以前お勧めしていたロックスのフリースパンツがすっかり寝巻きへと格下げになったので、一軍・暖パンを新調します。
僕の暖パンセレクトの基本は以下のとおり。
(1)そこそこに暖かく。(デパートや空港は意外と暑い)
(2)普段着でおしゃれ。(ワザあり要素が欲しい)
(3)最終的にはウエーダーやレインパンツのインナーに使える、(やや細身のパンツということ)

この三つを満たすのが「マウンテンエクイップメントMEのハイロフトリブパンツ」と「ロックスのコットウッドパンツ・キルト」であります。
これ、北海道はじめ肌寒い春先の遠征にピッタリなのです。真冬のかなり寒い場合はインナーにモンベルのジオラインなどを履いて調整しております。

両者の違いはデザインの違いはご覧の通りで、素材がモフモフかキルトかの違いですが、暖かさはモフモフのハイロフトリブパンツの方があります。 またハイロフトリブパンツは裏地なしのモフモフ・ふかふかな感じで小さな子供に好かれそう(笑)キルトは上から下まで裏地があるので履き心地は滑らかで上品かつワイルドな印象です。この二つは今年の人気モデル、ぜひ押さえてくださいませ!


ME Hi Loft Rib Pants ¥14,800(税抜)

Rokx COTTON WOOD QUILT ¥13,800(税抜)


ループノットフック#12−14」」 が少量入荷。今日は絶対にバラしたくない!という方にはオススメです。


17/12/04

Y式構造(実用新案取得済み)はスタッグだけにありません。こうした稀少木で、さらに少ない部位にも積極的に採用していきます。
左から神代杉瘤、クラロウオルナット瘤、スネイクウッド、黒柿葡萄杢、花梨瘤紅白(三色)、黒柿孔雀杢。
銘木に関してもこれから販売準備を進めますので、色々と語りたいところですが、その前に、、、、

【スタッグボロンハンドルをお申し込みいただいた方へ】
スタッグボロンハンドルにはたくさんのお申し込みをいただきました。抽選結果は申し込みいただいた全てのお客様に12月9日までにはご案内をいたします。ウッドのご案内はそれから行います。ウッドの受付方法につきましては現在ブランクスをご注文の方に先行案内を企画中ですが、スタッフがスタッグ抽選業務でてんてこ舞い中であります。受付方法は検討の上、後日公開いたします。皆様のご協力をお願いします。現在はほぼトラウト禁漁です。ゆっくりお待ちいただけますと幸いです。


17/12/02
昨日の続き。

イトウの尾びれ、デカイでしょ!実は片岡さんのイトウにはもう一つ話があって・・・・
実は昨日のイトウよりもさらに大きなイトウをMP90で掛けてありました。
結果からいうとルアーがこの状態↓になって最後はフックオフ。ロッドもこの後掛けたイトウで折れる羽目になりました。何度か足元まで寄せたらしいのですが取り込める場所に行けなくて 、ただただ眼下のイトウに驚愕するばかりだったそうです。彼曰く、20kgとは言わない大きさだったと・・・・ 。

実は、彼は毎回イトウを抱く写真もありますが、これ、全てセルフ撮影なんです。バックパックに三脚を抱え、何キロも歩いてイトウを追う。釣れれば小さくても記録申請用に丁寧に大きさを測り、しっかりと写真に納める活動を繰り返しています。この時、誰かと二人で釣りに行っていれば取り込めたかも・・?
イトウはIGFA認定以外では130cmクラスを釣った方もあり、たいへん夢のある話です。ちなみに僕は記録申請を考えたことがないのですが、これからの釣魚のために少しは勉強しようかな・・・(苦笑)
皆様も良い週末を!


17/12/01

そういえば・・・先日ヒラマサ記事を掲載いただいたソルトワールドを読んでいましたら、
「んん!」 度々紹介させていただいている片岡さんではないか!しかも107cm、15kgの世界記録のイトウですよ!
しかもよ〜く見てくださいよ。ルアーはカスケットMP145って書いてある!(嬉)
スタッフ一同で大喜び。これはもう一冊保存用に買っておこう!(笑)
この紙面のお写真も僕に送ってくださっているはずなんですが、夏のデスク入れ替えの際にどこへ仕舞ったか、、、、?(汗)

またこれは別のイトウですがMP90。大きめのシングルフックで調整してあります。片岡氏のおかげで道東はじめ北海道でMPを求める方が増えています。しかし販売予定が立っていません・・・・(現在調整中です)

今年の秋のアメマスもMPでキャッチ。ロッドはバルキーバックBBB88XHTであります。
ちなみに以前も書きましたが、カスケットがベイト仕様と書かないのは、古来の由来である(ベイト=エサ)釣りではないから。トリガー仕様ってと言った方が格好良い思いません?


17/11/30
いよいよ福岡も寒くなってきました。今日はハイランドツイードをレオ○風にご紹介。

やはりモテるオヤジたるもの、ストールの一枚や二枚は愛車に忍ばせておきたいものです。
ほれ、スタバで外席しか空いてないときは、ここぞと車に戻って彼女の背中にハイランドツイードのストールを掛けます。
「わ、冷えたカラダにウールブランケットとコーヒーが温まるわ〜♡」

するとですね、娘は「テッシー、なんでお母さんだけっ!」と機嫌が悪くなるわけです。(僕の娘ではありませんよ。)
そしてこのポージングは僕が指定したわけでないことも付け加えておきます。(女は小さくてもこわい〜)


「テッシー、ちゃんと用意してるがな〜(汗)」(よかった〜、2枚積んどいて・・・)
というわけで、モテるオヤジ、素敵なお父さんになるにはハイランドツイードを一枚、いや二枚は積んでおきましょ!

諸氏、 近づくクリスマスプレゼントにもよろしいかと!
ハイランドツイード詳しくはこちら


17/11/29
「故郷なる端島」

先週、友人と軍艦島とも呼ばれる長崎県端島へ行きました。(釣りではない)
海底炭鉱としての役目を終えた1974年以降、島は無人島となり当時の建物は荒廃しています。
運良くこの日は端島への上陸も実現し、最初は廃墟の写真を撮ることばかりを考えていましたが、現地ガイド・坂本道徳さんの案内で僕の考えは一変します。

氏は20歳までこの島の住民でした。「あの建物の屋上でね・・・」っと当時の暮らしぶりをユーモアたっぷりに語ってくれ、こんなに故郷を愛してやまない人々が、島を去らなければならなかった辛さはどれほどだったかを、楽しい話から想像させられました。

僕も地元である春日原を溺愛する一人ですが、もしも故郷がなくなったら・・・を初めて考えてみることができたのです。
そして坂本さんは故郷を去る想いは先の福島で故郷を離れた方々も同じではないかと言いました。さらに、この島はエネルギー産業である炭鉱時代の遺産ですが、福島の原発を見れば、決してこれは過去の島ではなく、未来の日本の姿になるやもしれないと警鐘を鳴らします。
坂本さんはここまで話すと、この先はもう語りませんでした。その意図がよくわかりました。

軍艦島・端島に行こうと思う方がいらっしゃったら、ぜひ元島民である坂本さんが所属する「シーマン商会」を訪ねてください。ここの船は他船と比べて小さいですが、決められた乗船時間を有効にするため、そして乗船者全員に耳を傾けてもらうために最適な大きさ・人数を計算してあります。ですから他船とサービス内容や質が全く違うようです。(ちなみに帰りの船では記念の石炭や上陸証明ももらえる。)

僕は決してシーマン商会の回し者ではありません。たった一度のガイドで坂本さんのファンになってしまった。それだけです。
久々に釣り以外で感動した、とても素晴らしい体験でした。


17/11/28

またまた過日、今度は息子を連れてサーフを散歩。この日は5本キャッチ。PEラインで増えた口切れによるフックオフ。鱒にもやられているのでソルティスペイサイドでやり取り勉強中です。適度な弱らせ方と跳ねさせないやり取り、テンション抜きがわかってきました。「俺、わかってきちゃったな〜」と思っていたら、その後、2本を見事なエラ洗いでフックオフ・・・。くそ〜まだまだか。もっともっと練習したいけどそろそろ秋のシーバスも終わりですかな・・・。

ヒラマサ(外海)に行きたい・・・・。


17/11/27

新たに見つけてきた新アイテム、RESTUBE(レスチューブ)、大きさを比較するとこんな感じです。
それぞれの比較はこちらのページにまとめています。ちなみに僕はSWIMを使う予定でいます。
理由はシンプルでベルト可変、なにより一番小さいから!


しかし、今年の秋はなかなか僕は外海に行けませんね。10月のクルーズはすべてシーバスになってしまいました・・・。
冬を前に脂の乗ったシーバスが釣れました。今年は通算で70本くらいは釣れているので、色々なフックややり取りを試して、バラシを減らすことができそうな気配。アクションも含めて優秀なトレブルフックの存在も大きいですね。


17/11/25
スタッグボロンハンドルの受付を間も無く終了しました。
抽選の結果やお引き渡し時期に関してはそれぞれの方へご返信しますので今しばらくお待ちください。

さて、エイ出版社のソルトワールドに先のヒラマサ釣行が紹介されています。
よろしければお近くの書店でご覧いただけると幸いです。



17/11/18

先日の朝つり、エイだけで終わりではありませんでした。それにしても真っ赤なラバーエンドとフラスコスタイルは雰囲気もさることながら砂浜などにドンと置いてもいいアクセント。ソルティスペイサイドにフィルソンベストを着てクラシックな釣りを感じながら歩くのが気に入っているのです。リールは最新ですけどね・・・(たはは)

以前のソルティスペイサイドはブラックスパルタンと言って、EVAバージョンを販売していましたが、現在はコルクバージョンで赤を基調にラバーエンド、スレッドを配しています。(対してスカーレットスパルタン)よりシートラウトに寄ってコスメを組み立てています。しかしここに来てアマノジャクな方が以前のブラックスパルタンはまた出ないのですか!と相次いで来て・・・。よし、今度は赤を廃盤と言ってみるか・・・。


さて、小ぶりですが背中のモリッとしたシーバスがソルティスペイサイドをグイグイと絞ってくれました。シゲは遠くでしたので自分でパチリ。渓魚同様にかっこいい魚が好きですね、撮っていて楽しい。時化続きでヒラマサに行けませんが、身近なサーフにシーバスがいてよかった。
皆様も良い週末を!


17/11/17

我々、本流釣師が探していた救命具とはこういったものではなかったか!
本流のテトラの上や、深場を備える急流を目の前にする時、もし足を滑らせたら一気に流されるかも・・・と不安になったことがありませんか?
ずっと渓流や本流でもいいライフウエストをずっと探していました。この小ささならベルト代わりに装着できます。渓流釣りやお子さんと遊びに行く時も活躍させてください。いやあ、なかなか良いものを探してきたと 独り喜んでおります。

RESTUBE、上から。

SPORTS


SWIM


CLASSIC


BASIC


↑比較ページはこちら


17/11/16

本日17時30分よりランディングネット「STAG MODEL」を受付開始、スクエア写真をCDジャケ風に遊んでみました。
STAG MODEL販売についてのご説明ランディングネット在庫一覧はこちら】*11・16・PM17:30に公開

ここで皆様にご周知いただきたいことがあります。
それはSTAG MODELはTクラフトの商標登録です。また、カスケットのボロンハンドルはTクラフトさんの製作ではありませんが、リールシートに使用するスタッグの構造は通称「Y式構造」と呼び、銘木の加工も含め、実用新案取得済みであります。

ほかにも我々が独自に考案したものや造語もあります。
ブランク脱着構造とボロンの可視化をしたボロンハンドルベゼルグリップジャックガウディアルセドクライマーなどなど。
これらカスケット製品の模造にはご注意ください。


17/11/09

エサ釣りって原始的な遊びですが、おしゃれに楽しむこともできる。今回のシンプリーは全長2.6m、カーボン製で軽く、仕舞寸法29cm(12本継ぎ)です。前回と比べて短く、素材もカーボンで軽量に仕上げました。気になる価格は¥5,990(税込)です。
シンプリーの販売は11月13日、PM12:00より受付を開始いたします。釣り好きの子供へ、クリスマスプレゼントにもぜひ!!


【告知】
明日、PM18:30よりコンクルージョンの販売を予定しています。スタッグネットの受付はもう少し後になります。
その他、商品の発売時期や詳細スペックのお問い合わせはご覧のこのページスタッフページでの告知まで待っていただくようお願いいたします。
発売前商品のお問い合わせに時間を取られ、販売に向けた撮影や紹介ページ作成の時間が取れません。少ない人数で作業していますのでご協力いただければ幸いです。


17/10/05

実は、ウエットスーツ用の防水ジッパーを採用したネオプレン製防水カメラケースを企画しています。
今年試作を繰り返して、ほぼ最終形となってきましたのでご報告いたします。

水辺の写真好きは多いと思いますが、センサーサイズの小さな防水カメラでは出来栄えがモノ足りません。やはりAPS-C以上の大きさがないと暗い渓流での高感度ではモアレ多発で荒れてしまうし、シャッター速度を遅めれば魚がぶれる。なにより自宅へ帰ってからパソコンで開いた時の解像度、緻密さに伴う迫力が違うのです。

しかしながら怖いのはそんな最上位機種のカメラ&レンズを渓流遡行に持ち運ぶことでした。コンパクトに、そして万一浸水しても耐圧し、転けても破れない。そんなカメラ本体を水とショックから守れるのはネオプレン素材が最適だと思いました。
そして渓流での使い勝手を増すための要素を盛り込んで企画しているのが「DEFENDER|ディフェンダー(カメラケース)」 であります。

対象のカメラはソニーのα7やオリンパスのOM-D、キャノンのEOS-Mなどで、標準レンズを装着して、開けやすく取り出しやすい工夫をしています。(キャノンEOS5Dも標準レンズ24-70mmまでは収納可能)上写真はサンプルですが、これから、さらに手を加えて完成とする予定です。

渓流写真・愛好家の皆様、このトラウトオフはこちらもチェックしてくださいね。