ホーム >> NEWS一覧|店長・手島のブログ>>スタッフブログ・新着情報>>アンバサダー投稿レポート>>フェイスブック(カスケット)
NEW ITEM
トラウト
ソルトウォーター
フライ
ウエア
アウトドア
暮らし/雑貨
防災グッズ
プライスダウン

取り扱いメーカー

取り扱いメーカー一覧


 

13/08/17
2013 AMBASSADDOR REPORT : KAZUYA MIYAMOTO
夏と言えば、源流の(出来れば涼しい)渓魚釣りが最も旬で粋な釣りかもしれないと思う。
それも山女ではなく「夏のイワナ」が冷たい渓流を想像させて良い。

最近、水中撮影にも凝っている福島県白河の宮本さんがそんな旬の夏イワナ達を送ってくださいました。
50cmを超える大岩魚。これが柔らかなトラディションでヒット。
この難しさを超えた楽しさは所有者だけにしか分かりませんよっと彼は言う。

キンキンに冷えた水の冷たさがベゼルグリップの結露で分かる。(笑)
僕はイワナというと懐かしい物語を感じる。
お化けイワナや滝太郎伝説など様々あるけれど、僕には湯川豊さん著書の「岩魚幻談」のイメージが強いのかと思う。
大好きな読み物です、まだの方はぜひご一読を!
其の実、このエッセイを読んでから僕はイワナがいっそう好きになったのだ。

セミの鳴く森を下りた別世界の深山幽谷、足を入れるとひや〜っとする薄暗い谷。
そこにヌルヌル〜っと現れ、のほほんと渕尻によたれかかったりもする憎めない渓流の住人、岩魚。

日本にはたくさんの亜種があって岩魚をめぐる旅も面白そうだと思う。
そんな深山幽谷を釣り歩くにはパックロッドが欠かせない。
アルセドクライマーがおかげさまで人気で増産中ですが、このごろトラディションの再販の声も上がり出しました。
その推薦人のひとりが宮本さんというわけです。
こんな岩魚まで釣られたら・・・・検討しないわけにはいきませんね・・(まだ未定ですが)

夏休み真っ最中、皆様も良い週末を!

13/08/09
2013 AMBASSADOR REPORT:T.D.F.C.

仕事や家事に追われた男達よ、一年に一度でもいい。
家族も仕事も忘れて、少年に戻る時間をあなたは作っているだろうか?

少年の顔した大人が6人、食料、テント、ビート板を背負った者は亀仙人と言われながら8時間の登山!
目指すは誰も行かない幻の谷なのだ。

こんなに素晴らしい渓谷に、ハンチングキャップと背中の黄色いビート板がステキすぎる。
きっとこの渕でこの姿で行くことをず〜っと想像してきたのでしょうね。(笑)
しかし釣りは本気でした。背中のアルセドクライマーを丁寧に継ぎ、未踏の大淵を釣り隊長が攻めはじめる。
詳しくはこちら
次々とイワナが飛び出して、夕食の塩焼きを確保。
そしてついには2尺クラスの大イワナも姿を見せた。

この深さ(笑)確かにビート板が欲しくなりますね。(笑)
ロープかついで延々登山と釣りの男が6人。
大人になっても「スタンドバイミー」みたいな冒険週末ができるって素晴らしい趣味です。

夕闇が迫るころ、こちら料理長の常山さん。*トライアンフページの71cmのサクラマスは彼です。
彼の手料理は手軽にさささと作りながら味は格別、本格派。
「とり野菜みそ」が僕も食べたくなってきた。

実はこの投稿、昨年に頂いており、今年も行ってきたよ!と投稿がありました。
紹介が遅れてすみませんね。メンバーは全員が既婚者、そしてお子様もいる男達。
素直にカッコいい男達です!投稿ありがとうございます!

皆さんも楽しい夏を過ごしていますか?
13/08/06
ホームページをようやくリニューアルしました。(日曜日も働いて眼が充血しています。)
それでもまだ完成していないページや写真の入れ替えが完了していませんが、
これから日々の更新で少しずつ充実させて参ります。

さて8月と言えば夏休み。
今年も羨ましい親子のレポートがありました。

本日はアルセドで釣り上げたイワナの写真と息子が中学生になり初の 源流デビューをした写真を送付させていただきます。
私の写真は先日入山し仲間数人と1泊した際に釣れなかったサイズの33㎝ です。
写真で見ると小さくみえますが・・・ (苦笑)

息子の方は、魚影が濃いおかげで数を上げることが出来て喜んでいました。
しかし、サイズの方が今一つでせいぜいで25㎝が限界となりました。
また、源流域ということでかなり私も気を使い疲れましたが、怪我もなく 良い釣りが出来ました。
息子にしてみればおやじが数mを超える滝をいくつも 超える事を言葉で聞いた居たのですが、
実際に自分が挑戦することで本当の 厳しさを体感したと思っています。 (帰りの車内でチョ~熟睡でした)
この大変な釣りをこの釣行で嫌になるかと思ったのですが、
時間が合えば次も 行きたいと・・・(でもおやじが大変なんですけど~)

この先息子と何回源流釣行を楽しめるか分かりませんが、時間が有る限り一緒に思い出作りをしようと思っています。
写真は、私の住む県のもっとも天然イワナが豊富な谷で私が大好きな渓谷です。
おやじのタックル
ロッド:カスケット ALCEDO CLIMBER ACB52MT
リール:シマノ   CALCUTTA CONQUEST 51
ライン:東レ    PE 0.8号
リーダ:ダイワ   ナイロン 8lb
ルアー:カスケット TRAD 50HS(ブラウン)
ネット:サルファニチャー*白山漁業組合仲間でタックルボックスも制作しています。
息子のタックル
ロッド:ウエダ   STS-511 MN-SI(西村スペシャル)
リール:シマノ   TWINPOWER Mg C2000S
ライン:東レ    PE 0.8号
リーダ:ダイワ    ナイロン 8lb
ルアー:カスケット TRAD 50HS(ピンク ヤマメ)


毎年、サクラマスの投稿をくれる徳田さん。あの時の息子さんはもう中学生ですか。
僕の息子の中学生時代はあっという間に過ぎた記憶です。部活も忙しくなるだろうね?
それでもお父さんに付き合ってくれる息子さんはエラいな〜!
「おやじがたいへん〜」なんて言ってられませんよ(笑)

夏の思い出にピンバッチ進呈します。お父さんとスバラシイ夏休みを!

*以前、カスケットアンバサダーの皆様から頂いた投稿ページは復旧させるのが困難なため、
これから新たな投稿から作り直しします。何卒ご容赦ください。またこれからもどしどし送ってください。