ホーム >>  トラウト  >> 鱒の森 2021年3月号(No.62)

●特集「一歩先ゆく渓流ミノーイング。」
来るべき2021シーズンの川歩きをますます楽しいものにするための、フレッシュなアイデアを集めた渓流ミノーイング特集号です。今春ついにデビューを果たす「群れ構造」ミノーによる尺ヤマメレポートから、ハイプレッシャー河川で大型ヤマメをヒットに導く攻略法、さらには渓流ベイトフィネスの最新リールセッティングまで、こだわりの渓流アングラーが知りたい情報をたっぷり掲載。新型渓流ミノーの情報も満載でお届けします。

●「渓流キャスティング上達講座」
期待値の高いポイントでミスキャストしてしまう……。そんなプレッシャーが掛かる場面でいまいちキャストが安定しないとお嘆きの渓流アングラーにオススメなのが、左手を上手に使うキャスト方法。渓流キャスティングのエキスパートがレベルアップの道筋をくわしく解説します。

●「早春の中禅寺湖はトップが熱い!」
解禁したばかりの中禅寺湖でトップウオータープラグが実績をあげています。これから盛り上がること請け合いのトップの釣りを開幕前に予習してはいかが?

●「本当に使えるトラウトギア」
1日の釣りをより快適に、あるいはより安全なものにしてくれるトラウトギアを厳選。ウエーディングブーツからアクセサリー類まで、本当に使える逸品をそれぞれの愛用者が紹介します。

●「その他のコンテンツ」
各種ギアのレビューや、全国のトラウトアングラーから寄せられたコラムなど、じっくり味わえる読み物を多数掲載。

CONTENTS
11 モノを旅する。
14 特集 一歩先ゆく渓流ミノーイング。
16 重くて軽いスーパーミノー。B 級? いやS 級。シンキングミノーとフローティングミノーを掛け合わせてできた、その摩訶不思議なバランスに迫る。
24 バルサを超えるバルサミノー。シンキングタイプの浮力を、空気でブーストだ。
32 ABUはやっぱり遠心だ。オールドアンバサダーでの渓流ベイトキャスティングをもっと楽しむブレーキシステムの選び方。
40 道産子尺ヤマメ3つのウイニングミノー。
●ボウイ50S /湯村篤司
●バルキッド40S /本間一樹
●シモミノー・エボ50S /下川祐樹
44 源頭の木こりヤマメ。尺ものに負けないくらい心に響く、ロマンの1 尾。ネイティブを求めて奥羽山脈の谷深く、沢の流れが途絶えるまで登り詰めた。
51 河原でメスティン炊飯はいかが?
54 左手は添えるだけ。キャストアキュラシーを飛躍的に高める変則アンダーハンドキャストを覚えよう。
60 急流のド頭を打つ、桂ヤマメ攻略の核心。文と写真=井上尚之
68 渓流グラスロッドの真打ち登場!「シルバークリーク グラスプログレッシブ」を知る4つの質問。解説=中川敬介(ダイワ ロッド設計)、小林将大(ダイワ フィールドテスター)
70 鱒の肖像 文と写真=足立聡
72 棟方トラウトゼミナール。文=棟方有宗 第9 回「サクラマスと本流ヤマメ」
75 ヤマメとアマゴの違いを学ぶ、鱒の課外授業。鱒の森読者の質問に答えた、2 つのQ&A。解説=棟方有宗
78 御母衣湖に、サクラ舞う春。解禁目前! 春のランドロックサクラマス戦術 文と写真=冨安隆徳 写真=鈴木敏雄
83 THE タダ巻きスペシャル。文と写真=佐々木大輔 第3 回 クリックホッパー/インビンシブル5 ㎝& 8 ㎝ 
85 From Readers 読者の手紙。
86 コラムの森
●天井裏の運動会 高橋辰美
●二度あることは三度ある 榎本崇
●師匠 滝川一尚
●解禁前 宮澤秀規
●魚道とヤマメ 木岡弘充
●逃した魚は大きい 酒井新悟
99 春から熱い、中禅寺湖のトップウオーター戦術。ヒットの鍵はワカサギ。弱々しいベイトフィッシュを演出して、でか鱒に「ボコッ!」と水面を割らせるのだ。文と写真=吉川康之
105 釣友にオススメしたくなる鱒釣り道具。
● G4 プロ・ブーツ ビブラム/水出準一
●エキスパートメッシュベスト/内藤努
● GTS パデッドキューブ スモール/黒澤輝将
111 行き当たりばったりの鱒釣り。北海道ハンドメイドミノー釣行記 文と写真=坂下武彦
115 瓢箪からイワナが出た話。広葉樹が見守る沢、小鳥川楡谷をゆく。文と写真=朝賀敬一
121 EUREKA!
122 Old is New. トラウト温故「釣」新。文と写真=荒川大悟
124 New Tackles
127 Present
130 Next Issue


書籍

鱒の森 2021年3月号(No.62)

完売 SOLD OUT

キーワード

つり人社, トラウト, ヤマメ, 釣り雑誌