ホーム >>  ウエア  >> Casting Jacket
[photo] カラー:Khaki

※着用画像は170cm、70kgのスタッフ コーヘイが「サイズ3:Lサイズ相当」を着用しています。

Price: ¥43,000 + tax
Col: Beige / Khaki
Size: 1,2,3
Main fabric: Cotton Cordura / Japan
Country of origin: Japan

サイズ:1(Sサイズ相当)
着丈:59cm
肩幅:47cm
袖丈:59cm
バスト:106/114cm

サイズ:2(Mサイズ相当)
着丈:60cm
肩幅:48.5cm
袖丈:60.5cm
バスト:110/118cm

サイズ:3(Lサイズ相当)
着丈:61cm
肩幅:50cm
袖丈:62cm
バスト:114/122cm


以下メーカーHPより引用
正確なキャスティングが求められる渓流において、毛鉤を狙い通りキャストさせるためのジャケット。
Castingを考えた時「肘を上げたその独特の動作を妨げてはいけない」ということが大前提にきます。つまり「運動量」に対するアプローチが重要となるわけですが、単にそれを優先させるだけでは「洋服」の域に達さない、、、

通常 T&Sではアウターは「2枚袖」といわれる2枚接ぎの立体的な袖を採用していますが、Casting Jacketに関してはあえて「1枚袖」としました。

これは、シャツと同様の構造で運動量の確保がし易いことが挙げられます。反面、立体的という見地からは離れてしまうのがデメリットでしょうか。つまり、人体の立体構造に即したシルエットでない代わりに、運動量を確保するのです。

ここで上記の写真を見ていただきたい。側面からのアプローチですが、袖が前方に振れているのが見て取れます。これは袖の筒部分を「捻る」ことで「1枚袖でありながら立体的な袖付け」がなされているということを意味し、Casting Jacketに搭載された機構の1つです。
袖の設計だけで運動量が確保されるわけではありません。キャスティング に必要な分量は脇下からも補います。上記写真で盛り上がっている分量が「マチ」の働きをし、背面のアクションプリーツも然りです。このように洋服としての「総合的」なアプローチによって、「機能性」と「洋服としての佇まい」を両立し、Casting Jacketは製作されています。「ギア」の前に「洋服」である為に。


recommend

テイク&サンズ

Casting Jacket

¥43,000+tax

キーワード